30 トレ

立山雄山~その3 紅葉三昧

最終日の6日(日)
前日に三山縦走を達成し、すっかり「やり遂げた感」に浸ってます
え~っとどうしよっかなぁ
外は快晴、ここ3日間で一番の良いお天気です
お~、ここはせっかくの紅葉ドンピシャ時期を、満喫して帰りましょう

という訳で、朝、8時05分天狗平発の高原バスに乗って、弥陀ヶ原へ移動します
バス待ち中に・・・
Cimg7413
チングルマをまたまたパシャリ
明るい光の中で、さらに色合いが際立ちます
Cimg7414
朝日を浴びる雄山
バスに乗り込んで、10分ほどで弥陀ヶ原(1930m)へ到着
荷物をバス停のコインロッカーに預けたら、弘法(1630m)まで下ります
Cimg7416
弥陀ヶ原ホテルを出発して、木道をテクテク
Cimg7415
今日は空が青~い
Cimg7417
ひたすら続く木道を・・・
Cimg7418
周りに広がる紅葉を楽しみながら歩きます
Cimg7419
バスもたくさん通っていきます
天気が良いからたくさん人が来てるんでしょうね
Cimg7420
Cimg7421
テクテク
Cimg7422
テクテク
Cimg7423
テクテク
Cimg7424
ひたすら歩いて~追分までたどり着いたら、また引き返して、弥陀ヶ原まで上ります
Cimg7425
行きのバスの中で眺めていた紅葉
青空の下で見ると、よりいっそう色鮮やかに心に染み入りますね~

12時ごろ弥陀ヶ原ホテルへ戻ってきました
こちらで13時15分の高原バスが来るまでに、ランチをいただき・・・クレームブリュレをいただきます
P1010533
うふふっ
P1010532
名水で抽出したというコーヒーは、まろやか~
P1010534
クレームブリュレは濃厚そのもの
すっかり満足です~

帰り道、混雑のためにケーブルカーで20分ほど待ちがありましたが(それでも平和な方ですよね、きっと)
割と順調に立山駅へ到着
うっわぁ下界は・・・暑いなぁ;
さぁてもっともっと暑い名古屋へ帰りますかぁ
山が見える世界に心惹かれつつ・・・現実世界へ
しっかし、これだから旅&トレはやめられませ~ん
(あ、スィーツも^^)

立山雄山~その2 立山三山縦走

翌日5日(土)、朝起きると雨は降っておらず、そんなに雲も厚くない状態
6時30分からの朝食(なんと洋食でした)を食べに行くと・・・台風はだいぶ西側に逸れていったようです
宿の方も、天気は大丈夫、しかもだんだんと回復するよ~とのありがたい予報
7時30分ごろ、天狗平から室堂へ送っていただきます
Cimg7353
早朝の室堂は人もほとんどいません
Cimg7355
さぁていよいよ雄山登山口
がんばりま~す
Cimg7358
しばらくは舗装された道が続きます
傾斜はありますが、さすが100名山
Cimg7359
左手に目をやると、ちょっと終わり気味ですが、まだまだ紅葉も~
Cimg7360
だんだんと勾配がきつくなって来て、息があがってきた頃、一の越山荘(2700m)が見えてきました
ここで石畳の舗装は終わりです
Cimg7363
ここから雄山山頂まで、300mは一番大変なところ・・・一気に高度を上げます
Cimg7364
岩だらけの道をがんばって登っていきます
Cimg7365
下を見ると・・・だいぶ上がってきました
Cimg7366
周りの景色に癒されます
Cimg7367
さぁて山頂まで、もう一息
Cimg7368
槍ヶ岳が顔を見せてくれたところで~
Cimg7369
到着です~
Cimg7385
残雪と紅葉の競演
Cimg7386
眼下には黒部ダムも~
Cimg7387
3003mでお参り
Cimg7389
ここで振り返って、ちょっと思案・・・
ほんとはあんまり天気がよくない前提で、雄山に登頂後、引き替えそうかとも思っていましたが
思ったよりも天気が良くって、雨が降りそうな気配はありません
時刻はまだ9時30分
じゃあ、先に進んじゃいましょう!
Cimg7390_2
で~ちょこっと行くと、大汝山(3015m)
んんっ、なるほどぉ
縦走だとほぼ高度が変わらないので、結構楽なんですね~
Cimg7395
左手に室堂を見下ろし
Cimg7397
右手に紅葉真っ只中の山々を見下ろし
富士の折立~真砂岳~
テクテク歩くこと2時間
最後の登りを頑張ったら、別山に到着です~
Cimg7398
なんと~あの剣岳がすぐ目の前!
え~っ、こんなとこだったんだぁ
自力では絶対に登れない憧れの山
ちょっと感激です
Cimg7400
来た道を振り返ると・・・うわ~結構、歩いたなぁ
実はこんなにも歩く想定をしていなかったので、水分をあまり持ってきておらず、行動食もあまり準備しておらず
かなり反省の残る状態です;
まぁそれはそれとして・・・剣岳をバックにお約束の
Cimg7402

記念ジャンプ
Cimg7406
周囲は360℃のパノラマ状態です
雲は出ているんですが、不思議とガスがかかってもそのうち晴れてくるというコンディション
普通は午後遅い時間になればなるほど、やばそうなのに・・・さすが、宿の方の見立てはバッチシですねっ
ここから剣御前を経由して、いよいよ雷鳥沢へ向けて下ります
Cimg7409
足元が不安定な砂利交じりの岩で、あんまり周りを見る余裕も無いんですが・・・ついつい見ちゃいます
Cimg7410
紅葉、綺麗だなぁ(しみじみ)
Cimg7411
雷鳥沢テント場が見えてきました
たくさんのテントが見えています
雷鳥沢まで下り終えて、一息
トレッキングシューズを脱いで、疲れた脚を休めます
でも・・・ここからが辛かった~;;
終わった終わったという気分でいっぱいなのに・・・
室堂までは、かなり登らなくっちゃいけないんです
しかも結構な人出で、すれ違ったり追い越したり、気を遣います

結局、途中、雷鳥荘で水分補給&温泉をいただき~(ふふっ)
みくりが池温泉でチーズケーキをいただき~(ふふふふっ)
Cimg7412
16時頃、静かなみくりが池にしばし見とれつつ、室堂へ戻って参りました
なんだかんだで、途中、栄養補給もしたので、元気百倍~
バスで帰ろうかとも相談していましたが、時間もまだあるので、天狗平までテクテク降りて帰ることにしました
16時40分、宿に無事帰還です~っ

もう名古屋出発時の天気予報では、ほんとに雄山に登れるのか?!という状況だったので、無事に登れて、
かつ三山縦走まで果たせて満足です
これで青空が広がっていたら言うことなしなんですが・・・
そこは日頃の行いを考えると、贅沢を言えません
ま、逆に陽射しが少ないおかげで、歩くのも楽でしたし~上々の首尾でした

立山雄山~その1チングルマロード

10月4日(金)~6日(日)、立山に行ってきました~
目的は・・・雄山
以前(2007年ってことは・・・うわっ6年前!)、10月20日ごろに立山を訪れましたが、見事に初雪に遭遇
もっと早く行かないと登れないなぁと反省
今回、ようやく重い腰をあげ、紅葉も期待してGoとなりました

ただ、天気予報はイマイチ;登るはずの土曜日には雨マークまで付いちゃってます;;
そんなこんなで、あんまり歩けないかもねぇとか、寒いかもねぇなんて、前日の準備時もテンションは低め
雨具と防寒着だけは、しっかり準備しなくっちゃ

4日(金)の朝、7時30分自宅を出発~
春日井ICから高速に乗って、土岐経由の東海北陸自動車道で富山ICまで・・・あとは、下道で立山駅へ
13時ごろ立山駅に到着~意外と早くに着きました
人は誰もいませんが、朝からのお客さんで周りの駐車場はすでにほぼ満車
ちょこっと離れたとこに、ちょうど一台分の空きを発見~そこへ停めて、トレッキングシューズに履き替えます
リュックと荷物を全部持って、いざ立山黒部アルペンルートへ突入

さすがに紅葉シーズンでも、平日この時間帯は、空いていますねぇ
すぐにケーブルカーに乗り込み、高原バスも問題なし
・・・っていうか、天気予報がイマイチだからかも
曇り空の中ですが、バスが登るにつれて、素晴らしい紅葉が目の前に
バスの中で歓声があがります~テンションもどんどんUP

この旅の宿は、2泊とも天狗平山荘さん
天狗平で途中下車して、さっそくチェックイン
荷物を置いたら、ちょうど14時ごろ、お散歩に出かけます
夕食は17時30分~、そんなに時間が無いので、弥陀ヶ原方面へテクテク歩き、適当に戻ってくることにしました
歩き始めると・・・
Cimg7290
チングルマがたっくさん

うっわぁ、好きなんですよぉ
Cimg7291
ほわほわしてて、可愛い~
Cimg7292
周りを見回すと
Cimg7295
あちこちにたくさん、あります
花は終わってしまいましたが、ちょうど葉が紅葉している状態でとってもきれい
宿の周りは、チングルマロードと名づけられていました
納得、です
Cimg7296
室堂方面を見上げると、雄山とそれに続く山並みが見えます~
明日・・・行けるといいなぁ
Cimg7297
しっかし~
Cimg7298
バスの中からも見えていましたが
Cimg7299
紅葉がキレイです
Cimg7300
ちょうど見頃って感じですね
Cimg7307
天気はイマイチでも
Cimg7309
これが見れただけで、十分かも~
Cimg7312
うむうむ
時刻は16時30分
宿へ戻ってきたら、太陽が顔をのぞかしていました
Cimg7332
何人かの方が夕陽が落ちるのを見ようと、小屋の上に登って、富山の方を(見えていませんが・・・)眺めています
夕食までまだ間があるので、私たちも着替えてきた後、ちょっと仲間入り
雲があるので、日の入りを見るのは難しいかなぁ
Cimg7336
だんだんと陽が落ちていき、雲の間に隠れました
あぁ落ちちゃったなぁと思いながらも、しばらく名残を惜しみます
すると・・・
Cimg7337
あれっ雲の下側から、また顔を出しました
Cimg7338
見事な夕焼け
Cimg7339
あたり一面が、夕陽に染まります
Cimg7343
剣岳も
Cimg7345
周りの山々もキレイに染まっています

Cimg7341
Cimg7346
Cimg7350
次第に暮れ行く夕陽に、宿の方も外に出てきて、みんなでゆっくり眺めます
ほんとは17時30分から、夕ご飯だったんですけど・・・
時間が過ぎちゃってますけど・・・
こんな光景を見逃すわけにはいきませんよね~

乗鞍岳

8月28日~29日、乗鞍高原に行ってきました~
平日に2日も連休取っちゃって、ちょっとリッチな気分
(小市民です;)

名古屋からは4時間ほど
朝早く出たので、お昼頃には乗鞍高原に到着~
一日目は乗鞍高原内を散策します
P1010416

牛留池
P1010418
善五郎滝
マイナスイオンをたっぷり浴びます

宿はペンションるぴなすさん

弟の常宿で、温泉がバツグン~
貸切風呂がたくさんあるんです
久々にうかがいましたが、この日のお客は私たちともう一組だけ
もうお風呂、入り放題です~幸せ*^^*
すっかり硫黄の香りに染まりました

P1010419
夕食も美味しいんですよぉ
P1010420
信州サーモン
P1010421
フィレステーキ
添えられたじゃがいもは自家製掘り立て
P1010422
茄子の煮物
こってり甘辛いしょうゆ味がよぉくしみてます
P1010423
タコのカルパッチョ
あ・・・他にも手打ちそばとか、チーズケーキとかたっぷり出ました
・・・写真を撮るのも忘れて、食べちゃいました

翌朝、バスに乗って、乗鞍岳を目指します
マイカーの乗入規制があるので、出発地点の畳平まではシャトルバスで向かいます
頂上までは1時間30分くらいで、お手軽に登れます
ただ、この日は風がとっても強くって、ちょっと怖かったです

P1010428
朝、起きたときは晴天だったんだけどなぁ
P1010424
あまりに強い風なので、みなさん建物(乗鞍本宮)の影に隠れて昼食を取られていました
P1010426
ちゃんと宮司さんもいらっしゃいます
毎日、登っていらっしゃるのかなぁ
P1010425
三角点
Img_00411
風で髪がぼっさぼさ~
Img_00451
降り始めたら、ちょこっと下が見えてきました
Img_00501
あ、頂上も見え始めた~
Img_00531
だんだんと雲が取れてきて・・・
Img_00551
畳平に着くころには、晴天・・・
・・・ん~早い方が天気が崩れないかと思ったんですが、逆でした;

涼しい高原&山を満喫して、名古屋への帰路
う゛、やっぱりまだまだ暑いなぁ
今年の夏はほんとに長いのです

南沢山&横川山

昨日5月25日(土)、南沢山&横川山へトレに行ってきました~
そろそろ暑いかなぁという季節なので、1500mくらい、かつ私でもなんとか登れる山
場所も名古屋から近い、園原IC付近
8時過ぎというぐうたらな時間に出発~

途中、朝ごはんもちゃっかり食べて~
上り口に着いたのは10時40分
相変わらずぜいぜいはぁはぁ言いながら、よっこらしょ~と登っていきます
暑~い・・・やっぱり始動時間が遅すぎなのかしら
天気はとってもよかったのですが、意外に北の方角は曇り空
P1001001
南沢山頂上
P1010003
そして、横川山頂上・・・
こっちには三角点がありました
本来なら、御岳も望める眺望なのですが~
P1010004
・・・無理ですねぇ
すぐそばの富士見台が見えるくらいでした
P1010002
カラマツ(かな?)の若芽がたくさん芽吹いていて、とっても可愛らしかったです

そしてお楽しみの温泉は・・・もちろん昼神温泉で決まり~
こちらの温泉はつるつる~な泉質で、入った後、美肌になった気分になれます
もう花桃はすっかり終わってしまっていました

翌日の今日は、やっぱりお約束の筋肉痛;う~いかんなぁ
今年はちゃんと定期的にトレに出かけて、もうちょっと体力向上に努めたいと思いま~す

伊吹山&てっぺん

5月3日(金)、伊吹山に行ってきました~
100名山の1つで、滋賀県と岐阜県の境にあります
GW中ということで、高速は使わずに下道で行きましたが・・・
さすがGW
下道も結構混雑していました
7時過ぎに出発したのですが、登り始められたのは10時ごろになりました

意外に若が多くって、びっくり~
大学生くらいかな~男の子チームとか女の子チーム
あるいは仲良く一緒に~みたいな感じ
はファミリーが主流だったイメージでした

伊吹山は日陰を作ってくれる木々
がない山なので、いつも暑さとの戦いです
この日はよく晴れて陽射しが降り注いでいました
でも、風は冷たくて気持ちよく、お陰様で思ったよりも辛くなかったです~^^
P1000953
よく晴れ渡った青空
P1000954
視界の下にも、ちょうど水がはられた水田や琵琶湖がよく見えていました

頂上にはちょこっとだけですが雪が残っていて・・・やっぱり寒いんだ~
冷たい風をよけつつ、お昼ご飯をパクリ
周りもトレッキングで登ってきた方々ばかり~
この伊吹山は頂上までスカイラインが通っていて、今までは頂上には車で来た方々もたくさんいらっしゃったのですが・・・
ん~トレッキングブーム到来?!

無事に伊吹山登頂を果たした後、ちゃっかり温泉で汗を流し~
名古屋駅で飲み会が入っている相方を関が原で降ろして、帰途へ・・・
やっぱり渋滞してました~特に橋付近は・・・ダメですねぇ

途中でお腹が空いてきたので、初めて1人ラーメンにチャレンジ!
てっぺんさんです
こちらなら何回か相方と一緒に行ったことがあるので・・・
P1000935
まぜそば@800
がっつり、にんにくも入れてもらっちゃいました~
疲れを取るには、ぴったしですね♪

陣馬形山

4月29日(月祝)、陣馬形山にトレッキングに行ってきました~
松川ICからちょこっと東に行ったところにある山です
久々のトレッキングだったので・・・もうヘロヘロ~
実は後半のGWに、伊吹山に行くつもりなんですが・・・こんなんで大丈夫かなぁ

この山はてっぺんにキャンプ場があって、そこからの眺めが絶景です
P1000920
え~っと駒ケ岳と諸々・・・
眼下には街並みが広がっています
帰りがけに日帰り温泉に立ち寄り、汗を流してさっぱり~

そして、ハナモモ満開
P1000921
いろんなところで沿道に咲いていました

温泉には入りましたが、
明日は筋肉痛必至です
伊吹山に登れると良いな~

宮路山・五井山

11月18日(日)、久々にトレに行ってきました~
前日の雨と打って変わっての、晴れ予報
もうこれは紅葉狩りにお出かけするっきゃないでしょう

ネットを見ながら検討した結果、あんまり寒いのもイヤだし・・・ということで、蒲郡辺りにある宮路山・五井山に出かけることにしました

朝ごはんはお家で食べたので、出発したのは8時30分
名古屋ICから乗って、音羽蒲郡ICで降りたら、名電赤坂駅へ
駅辺りに駐車場が全然無いので、失礼して適当なところに駐車
歩き始めたのは10時ごろ・・・

めずらしく雑木林が広がっている山です
うっかり帽子を忘れてしまったのですが、主に北側斜面を歩いていくせいか、日差しはまったく当たりません
その上、すっごい強風~大きな木がゆっさゆさ揺れています
でもその密生した木々に守られて、そんなに寒くありませんでした
適度なアップダウンがあって、道もキレイに整備されているので、登りやすかったです
そのためか、結構な数の登山客もいらっしゃいました
翌週末には「もみじまつり」が予定されているみたいだし、地元の
方々に親しまれている山なんでね~

 頂上付近で期待していた、ドウダンツツジの紅葉は、残念ながら強風でかなり飛ばされてしまっていした
でもでも
、それを補ってあまりある、素晴らしい景色
P1000250
P1000249
P1000251
眼下に広がる三河湾
左手には豊川・豊橋
右手には渥美半島
こ~んなによく見渡せるなんて、びっくりです

宮路山山頂から五井山まで往復した後、登って来たのとは違う道を行ってみました
すると・・・
P1000252
P1000255
P1000256
P1000258
結構、まだ紅葉してました^^
下山して、車のところに戻ってきたの
は15時
標高差としては400メートルくらいでしたが、5時間も歩いたので・・・明日は筋肉痛必至ですね;

湯谷温泉 その3

翌日の日曜も、良いお天気~
P1020906
朝日がさんさんと差し込んできます
さっそく朝から、はづ別館さんの露天風呂へもらい湯
朝から温泉って、もうしみじみ幸せ~
そしてこちらも朝から・・・
P1020908
やっぱり薬膳料理がずら~り
P1020912
黒米のおかゆ
P1020909
おかゆのお供
P1020911
おつゆ
P1020910
揚げ物
P1020913
蒸し物
P1020914
煮物
P1020915
茶碗蒸し
P1020916
食後にジャスミンティをいただきました

はぁお腹いっぱ~い
さぁて二番風呂に行こ~っと

なごりを惜しみながら、11時にチェックアウト
みなさん11時ギリギリまで滞在されていたみたいで、ロビーには数組いらっしゃいました
でも、はづ木さんは最大5組だけなので、全然待たずにチェックアウト

宿の向こう岸がちょこっと歩けるようになっていたので、行ってみます
P1020921
P1020917
雪解け水なんでしょうか、すごい水量です
P1020918
町のどこにいても、ごぉごぉという水音が聞こえてくるくらい

ここから、鳳来寺山へ向かいました
パークウェイの入り口が湯谷温泉すぐにあるので、頂上駐車場まで一気に行けます
ここでまたまた・・・
P1020922
じゃ~ん お団子状で可愛い五平餅
かなりお餅に近い食感でした
この形の方が食べやすいなぁ

さて、せっかくなので、奥の院まで歩くことにしました
P1020923
険しい山です~
P1020925
景色もバッチシ~
P1020927
後姿はYちゃん
駐車場から東照宮、そして奥の院を経てぐる~っと一周できるルートがあったので、がんばって歩いちゃいました
約2時間30分、暑かったぁ

今回の旅は、意外と活動的でしたね~
湯谷温泉は期待していた以上に、とってもステキなところ
名古屋から2時間くらいで来れる、お手軽さも魅力的
また今度来たいなぁ

吉田山

4月29日(日)、吉田山に行ってきました~
長野の飯田付近にある、1400mくらいの山です
ここ数年、年初めのトレは、陣馬形山に行っていましたが、そろそろ違う山へ・・・ということで、こちらにしてみました

7時30分に家を出発して、高速で飯田ICへ
途中、恵那SAによって、朝ごはんに豚汁定食
恵那SAは改装を進めているみたいで、楽しみです~
こちらはよく立ち寄るんですけど、メニューがイマイチ・・・なんですよね

飯田ICを降りて、飲み物と昼食のおにぎりを調達したら、登山口を探します
10時50分、登りはじめ~
落ち葉が降り積もる中、ふかふかの足元が気持ちよい山道です
ただ・・・この日は暑かった~日差しが照りつけるので、まだ葉がまばらな林の中はほぼ直射日光
登りの傾斜もそこそこあるので、ゼイゼイ言いながら水分補給もこまめにしながら、一歩一歩

ところどころ、南アルプスや飯田の町並みが木陰から見え隠れして、なかなか良い景色です
中間地点で景色が開けます~
680
看板は年代モノでしたが、景色は昔も今も変わらず
ちょっと霞がかっているかなぁと思いきや、綺麗に山々が見えました(一向に名前が覚えられません;)
頂上近くでさらに急登
682
尾根っぽいところを上がっていくと・・・頂上です
全然人に会いませんでしたが、頂上にはご夫婦が一組
のんびりお昼寝中なので、邪魔しないよう三角点だけ踏ませていただいて、昼食タイム
やっぱり山頂では梅おにぎりと赤飯おにぎりが、ゴールデンコンビだなぁ

帰りも落ち葉で滑らないように、慎重に降りていきます
681
たいてい登りも下りも相方が前・・・
私が落ちたら、止めてもらえるかどうかはわかりませんケド

2時50分ごろ無事に帰還です~
近くの立ち寄り温泉「御大の館」でさっぱり
人も少なく広々としていたので、ゆっくり過ごせました
お湯もつるんとしていて、良い感じ~

今年の初トレ
次の日は・・・やっぱり筋肉痛なのです;

より以前の記事一覧