« ビクトリアの滝 その5~ビクトリアの滝(上空編) | トップページ | おうちごはん(H25.9.14~秋刀魚の刺身) »

ビクトリアの滝 その6~ケーブルマウンテン&ケープポイント・喜望峰

ケープタウンに到着~
高層ビルが立ち並ぶ大都会・・・全然、想像していたのと違います;

ケープタウンでも2泊
泊まるホテルは、ケープトニアンホテル
中心街から離れているということでしたが、それでも周りはビルだらけ
ただ、着いたのが夜半だったからか、人通りは全然無く、車も少なく・・・絶対、夜に散策に歩ける雰囲気じゃありません

ホテルではさっそく晩ご飯
Cimg7152

やっぱりビュッフェでしたが、普通に美味しい料理
きのこたっぷりスープとパンが美味しかったです
Cimg7260
泊まるお部屋
Cimg7261
ちょっと豪勢なシティホテルって感じのお部屋です

Cimg7153
翌朝の朝食ブュッフェ
Cimg7268
1階の朝食レストランからは、急ぎ足で職場へ向かう人々が眺められます
昨夜、到着したときは人っ子一人いなかったのに、人がたくさん~
Cimg7154
添乗員さんがみなさんに味噌汁をふるまってくださいました
ふ~美味しい♪
Cimg7155
フロントにいた、オウム
とってもキレイ~マスコットなんでしょうね

さて、この日は5日目、9月11日(水)
まずは、テーブルマウンテンを目指します
Cimg7156
バスがだんだんと高度をあげていきます
良いお天気~
Cimg7157
ケーブルカー乗り場
Cimg7159
上にテーブルマウンテン側の駅が小さく見えます
混雑するのでということで、8時の開始時間よりもちょっと早めに到着
確かに始まるころには、長い行列ができていました

Cimg7160
朝日をあびるケープタウンの町なみ
高層ビルが立ち並んでいます
順番が来て、ロープウェイに乗り込みます

こちらのロープウェイは円形をしていて、登りながらゆっくりぐる~っと一回転
どちら側にいても、全方向の景色を楽しむことができるようになっています

Cimg7186
奥に見えるのが、ライオンズヘッド
そこから右に緩やかにつながる丘陵が、ライオンの身体部分

Cimg7188
だんだん近づいてきました

Cimg7187
切り立った岩肌

Cimg7165
頂上には遊歩道が整備されています
ツアーゆえの悲しさ・・・時間に制限があるので、時間が許す限りがんばって歩いて周ります

Cimg7185
テーブルマウンテンの模型
ちょうど真ん中あたりに登ってきた感じかな~ほんとにテーブルみたいにそそり立っています
左にあるのがライオンズヘッドと連なる身体部分
Cimg7162

雲はかかっていますが・・・きれいな青い海
Cimg7181
ケープタウンの町とライオンズヘッド

Cimg7174
お約束のジャンプ
Cimg7176
こちらは、絵になる二人・・・です

つづいてはケープポイント&喜望峰へ
アフリカ大陸最南西端
登りはケーブルカーで一気に
Cimg7192
喜望峰がさっそく見えます
Cimg7191
人がいっぱい~(ほとんどがウチのメンバーです)
上に見えている灯台を目指して、みんなで階段を登ります

Cimg7193
息をはずませながら、到着~
Cimg7195
いろんな場所を指した道標もありました
Cimg7201
帰りはケーブルカーではなく、歩いて降りました
(時間が足りないから、急いで降りなくっちゃ)

Cimg7202
大西洋とインド洋が出会う岬を目の前に・・・
Cimg7204
急ぎ足でテクテク~
Cimg7205
あ、行きに乗ったケーブルカーです
Cimg7206
ちょうどすれ違いポイント
Cimg7207
大急ぎで一番下まで降りたところで、標識発見
ナイスタイミングで一羽の鳥が右上に止まってました

このあと、喜望峰の海岸へ
Cimg7208
歩けるようになっていましたが、私たちにそんな時間はない・・・
Cimg7209
記念撮影用の看板があったので、その前で順番待ち行列を作って撮影大会
ちょっと横から失礼して・・・パチリ

« ビクトリアの滝 その5~ビクトリアの滝(上空編) | トップページ | おうちごはん(H25.9.14~秋刀魚の刺身) »

40 旅」カテゴリの記事

コメント

へぇ~大都会のケープタウンは、こんなビューポイントに囲まれているんですネhappy01
(ホテルの様子だけ見ると、日本でもフツーに見かけそうな感じ?)
テーブルマウンテンも喜望峰も素晴らしい景色ですね~happy02
のんびり散策したくなっちゃいますよネconfident

billさま

コメントありがとうございます~happy01
テーブルマウンテンはこんなにも切り立っているのに、歩いて登っちゃうこともできるそうですよぉ(標高1100m、登り3時間)shoe
外国らしく、基本的に視界をさえぎる柵やロープも無く、開放的な空間を満喫しちゃいましたnotes
もっと時間があったらなぁと何度思ったことか・・・欲張りデスwink

こんばんは (◎´∀`)ノ
いやはや・・・ブログやってて良かった (*^-^)
ケープタウンが意外に”都会”だとは聞いていましたが、やっぱり!ですね。
でも夜は出歩くのは怖そう・・・!
ホテルの部屋も食事もいいですネェ!パンが美味しそう!
フロントにいる綺麗なオウム・・・カワイイっす!欲しい・・・(笑)
テーブルマウンテン、下から見ると本当にテーブルのように平らなんですね。
岩肌に頂上の様子、地球の歴史を感じさせられます。
眼下に見える街、そして海の向こうに見える島は・・・南極?
そして喜望峰へ。
アフリカ大陸最南端ですよね。
いいなぁ~!羨ましいです。
私はこの先、行けそうもありませんが、盛りだくさんの写真で『行ったつもり』のバーチャル旅行させていただきました。

慕辺未行さま

コメントありがとうございます~happy01
楽しんでいただけてますか~なんだか長々となってしまいましたが、ようやく先が見えてあと残りは2話
お付き合いくださいshine
「行けそうもない」なんて、そんなことないですよぉ
私もまさか南アフリカへ行く機会ができると思っていませんでした
かなりご年配の方もいらっしゃっていましたし(たぶん60~70代、しかも一人旅の方も)、あきらめずに機会があれば是非是非airplane

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ビクトリアの滝 その5~ビクトリアの滝(上空編) | トップページ | おうちごはん(H25.9.14~秋刀魚の刺身) »