« おうちごはん(H25.8.8~鶏ムネ肉のバジルソース) | トップページ | おうちごはん(H25.8.10~バジルソースパスタ) »

利尻・礼文 その5~3日目:利尻で観光バス

礼文島に別れを告げて、フェリーで利尻島まで戻ってきました
香深発~鴛泊着13:05~13:45
行きのときはガラガラだったのに、帰りは・・・超満席!
どうやらツアー客の方々と同じ時間に遭遇したみたいです

フェリーから降りたら、予約しておいた定期観光バスへGo
14:00発の利尻Bコース、利尻スポットめぐりです
鴛泊FT~姫沼~野塚展望台(車窓)~オタドマリ沼~仙法志御崎公園~人面岩.寝熊の岩(車窓)~鴛泊FT

まずは姫沼
Cimg6787
雨は上がりましたが、フェリーに乗っているときもかなりのどしゃ降りでした
利尻富士はやっぱり雲の中~
Cimg6790
フェリーで一緒に来たツアー客も、やっぱり同じく姫沼へ
・・・おかげですんごい混雑っぷりです
Cimg6791
ギュウギュウ状態でゆっくり前に進んで、湖の周りを一周していると・・・あれ?
Cimg6796
なんと周回していた20分くらいの間に雲がすっきり~
湖に映る姿まで見れました
とっても変わりやすいお天気なんですね

続いてオタトマリ沼

Cimg6810
同じ利尻富士を見ていても、角度によって、まったく違う顔

Cimg6800
こちらは断崖絶壁が連なる、険しい利尻富士
白い恋人のパッケージには、こちらの利尻富士が用いられているそうです
Cimg6803
相変わらず元気な母;
こちらではほとんど人がいなかったので、ずんずん周回路を進んでいきます
他の乗客は疲れたのか、バスの駐車場付近にたくさんあるお土産屋さんでSTOP
Cimg6808
Cimg6809
ウバユリ
一年に一枚ずつ葉が出てきて、8枚(つまり8年)以上しないと花が咲かないとか
今年は当たり年でたくさん咲いているそうです

続いて、
仙法志御崎公園
Cimg6813
こちらの利尻富士は、海からつながる優雅な稜線を見せてくれます
Cimg6814
なぜかゴマちゃん
水族館からアルバイトに来ているそうです
みんなの人気者になっていました

17時にフェリーターミナルに戻ってきて、宿へ向かいます
今夜の宿は雪国さん
フェリー乗り場から見えているくらいだったので、迎えにきてもらわずに歩いて到着~
さっそくお風呂(温泉♪)に入って、汗を流したら夕ご飯
P1010257
あらあらこれまた盛りだくさん
P1010258
一枚に撮りきれない~
P1010259
ココではバフンウニとムラサキウニの2種類をいただきました
やっぱりバフンウニの方が味が濃い~!全然違~うと感動
母はもうしばらくウニはいいわ~って言ってました(ホントかな)

部屋に戻ると、母はまたもやバタンキュ~状態
無理もないなぁ・・・なぜかこの日も結局20,000歩超え
観光バスなのに、あんなに張り切って歩きまくるから~
でも、夕ご飯もしっかり食べたし
礼文島のスーパーで買った、桃のヨーグルト(ごく普通の市販品です;)までパクパク食べてたので、まぁ大丈夫でしょう

おとなしくテレビを観ながら、ゴロゴロモード
ふと外を見ると・・・とっても綺麗な夕焼けが(19時30分)
宿の外に出て、パシャリ
Cimg6824
翌日、行こうと思っていたペシ岬
Cimg6825
フェリー乗り場からすぐの場所で、展望台もあるとか
・・・意外と高そうに見えるなぁ;大丈夫かしら

まぁ今夜もゆっくり寝て~
明日はいよいよ最終日
最後まで楽しみましょ~*^^*

« おうちごはん(H25.8.8~鶏ムネ肉のバジルソース) | トップページ | おうちごはん(H25.8.10~バジルソースパスタ) »

40 旅」カテゴリの記事

コメント

こんばんは (◎´∀`)ノ
礼文島は一度だけ、利尻島は訪れたことがなく、とても楽しみにしていました (^_^)ニコッ!
礼文であんなに歩いたのですから、利尻では観光バス。
「でなきゃ、お母様、大変だよね」と思いながら読み進めたら・・・
何のことはない・・・しっかり歩いてますネェ (゚o゚)オォーッ!
利尻富士、方角によって山容がずいぶん違いますね。
なだらかな山だと思っていたのですが、小ピークがたくさんあって意外でした。
フェリーに乗っている間は土砂降り、しかし利尻についてからはお天気回復!親孝行旅のきゃぶさんに天気も味方してくれたのですね。
宿の夕食、堪らないですネェ w(^o^)w!
ムラサキウニとバフンウニ、名前はどちらも知っていますが、食べ比べたことはなく、いやはやそれだけでも羨ましい料理です。

慕辺未行さま

コメントありがとうございます~happy01
ん~結果的にこのハードなスケジュールを断行してしまったのは、逆に親不孝だったかも・・・
もともと無理しちゃう性格なのは知っているのに、すっかり頑張らせ過ぎちゃいました・・・反省sweat01
利尻島はまさに利尻富士の島で、どこもかしこも利尻富士の山麓
そのため、天候は山の天候に似て、とっても変わりやすいんだそうですflair
おかげで、山容をしっかり拝むことができました
私も礼文島からあのなだらかで優美な稜線を見続けていたので、オタトマリ沼から見た姿にはびっくりでしたeye

あぁ~、凛々しき礼文島!!happy02
ガスや霞の向こうに見える姿が、また神秘的な雰囲気を醸し出していい感じですwink
このスナップを見れば、山好きじゃなくとも行きたくなることでしょうgood
…それにしてもお母サマ、中々の健脚ですネrun

billさま

コメントありがとうございます~happy01
利尻富士、素敵な山容ですよねっ
登ってみたくなりますかsign02
私にはとてもとても・・・でも麓からでもこんなに綺麗な姿を拝めるなら、住んでみたいなぁって思っちゃいましたfuji
日常的に山が見える生活に憧れます~

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« おうちごはん(H25.8.8~鶏ムネ肉のバジルソース) | トップページ | おうちごはん(H25.8.10~バジルソースパスタ) »