« おうちごはん(H25.8.14~厚揚げのキムチ炒め) | トップページ | おうちごはん(H25.8.16~リッチーナと豚コマ肉の味噌炒め) »

利尻・礼文 その6~4日目:ペシ岬

間が空いちゃいましたが・・・利尻・礼文の旅、最後の〆です~

いよいよ最終日
朝チェックアウトするときに、フロントの方と話をしたら、ペシ岬まで車で送ってくださることになりました
そんなに遠くもないのですが、お言葉に甘えて麓まで送迎

登り始めると、すぐに利尻富士が綺麗な姿を見せてくれます
Cimg6829
というか、島のどこにいても、常に見えている山です
下に広がるのは鴛泊(おしどまり)漁港
Cimg6833
さぁてテッペン目指します~
Cimg6835
途中の灯台を過ぎて~

Cimg6839
到着~
Cimg6838
漁港の風景もよく見えます
Cimg6842
パノラマで撮影~

ゆっくり景色を堪能した後、甘露泉水まで歩こうかという話もでましたが
この日は荷物を持っているのと、もういい加減、連日歩きまくりだったのでパス

代わりに、高山植物展示園
歴史の森(散策路)・カルチャーセンター・りっぷ館へ
この日も陽射しが暑い~
テクテク歩いて、
高山植物展示園へ到着
この暑さにちょっと植物もお疲れ気味でしたが・・・
Cimg6844
レブンソウ
Cimg6845
リシリソウ
Cimg6847
Cimg6850
Cimg6848
コマクサ(白・赤)
Cimg6849
リシリヒナゲシ
Cimg6851
アッツザクラ
Cimg6853
イワキキョウ

利尻富士に登ってもいないのに、ひととおり堪能~

その後、カルチャーセンター・りっぷ館へ
涼みながら、芸術作品やら昔の漁業用具などを見て、まったり~

そして最後に、利尻富士温泉で足湯
Cimg6855
いよいよ空港へ向かうバスに乗ります
温泉13:55-空港14:05
バスが来るのが遅れていたので、ちょっとドキドキしましたが、無事に飛行機へ

ANA 利尻(14:35)-札幌(15:25)
千歳空港では、ここぞとばかりに大量のお土産購入~
・・・なんで年配の女性って、あんなに購買意欲が高いんでしょうねぇ
バスツアーでもむちゃむちゃ買い込んでいらっしゃるのを目にしますが・・・
母もその例に負けず、両手いっぱいの荷物

P1010260
行きのランチタイムで、大行列だったえびそばのお店が空いていたので(もう16時ですもんねぇ)、ここでランチ~
えびの風味は控えめでしたが、ダシがよぉく出てて、とっても美味しかったです
さすが行列のお店~

ANA 札幌(17:30)-名古屋(19:10)
さすがに疲れただろうから、と思いきや最後の最後までユニクロでTシャツを買っている母・・・
すごいバイタリティです

結局、なんだかんだ言いつつ2~4日目まで3日間、連日20,000歩を超える歩数をたたき出しました

名古屋に帰った翌日、三重に帰った母の様子伺いに、夜22時ごろ電話したところ、電話に出た父が「母がず~っと起きて来ない・・・」
さすがに「あぁどうしよう、やっぱり無理しすぎちゃったのかなぁ」と心配になって、次の日も電話したら・・・元気いっぱいの母の声
午前中に三重に帰ってから、ご飯も食べずに爆睡~して、なんと翌日の朝までず~っと寝続けてたそうです
そして元気回復
・・・ん~真似できませんねぇ
いつまでもこんな風に元気でいて欲しいものです

« おうちごはん(H25.8.14~厚揚げのキムチ炒め) | トップページ | おうちごはん(H25.8.16~リッチーナと豚コマ肉の味噌炒め) »

40 旅」カテゴリの記事

コメント

お母様の驚異的なバイタリティには敬服せざるを得ないですネsign01
何はともあれ、20,000歩以上のロングウォークお疲れ様でした!
やっぱキレイな景色と高山植物には癒されますconfident
(白いコマクサって珍しいような気がしますがeye
3日間とも利尻富士はずっと見えていたのでしょうか。
ホントに羨ましい限りですhappy02
またまた行きたい場所が増えちゃいますshine

こんばんは (◎´∀`)ノ
利尻は行ったことがありませんので、私自身も行ったつもりで拝見させていただきました。
ペシ岬、麓からかなり登ったのでは?
御母上様、連日頑張って歩かれ利尻・礼文を満喫!ですね。
日本北限の島の高山植物もたくさん見られて、良い旅になりましたね。
最後の最後までお元気な御母上様、お帰りになられたとたん”爆睡”!でもわずか1日で元気回復!
ホッ!と一安心ですね。
御母上様、きゃぶさんとの二人旅、嬉しくて楽しくて帰ってから爆睡するほど頑張ったのでしょう。
これも一つの『母の愛』でしょうね。

billさま

コメントありがとうございます~happy01
お陰様で雨には降られたりしたものの、毎日、利尻富士は姿を見せてくれました~confident
その優美な姿、ずっと見ていても飽きないなぁと思いました
白いコマクサは珍しいんですね~ちゃんとした高山ではコマクサを見たことがなくって・・・赤いものは可哀想に暑さに負けてぐったりしてましたsweat01
お花とウニを目指して(あ、利尻富士も)、是非是非、お出かけくださいませnotes

慕辺未行さま

コメントありがとうございます~happy01
ペシ岬、登る時間としては30分ほどかと思いますが、結構な急坂で・・・母は苦労していましたshoe
そして、眼下に見下ろせる港に興味しんしんeye
しばらく眺めていて(私は主に利尻富士を見ていたのですが)、漁船が入港してくるたびに見入っていましたship
三重の英虞湾間近で育ったんですよね~この後訪れた博物館でも色々と昔の生活を物語る写真&道具を見ては思い出に浸っていました
母が行きたいという気持ちがある限り、そして体力が続く限り、一緒に旅行して楽しみたいものですheart04

毎日暑いですねえ。
北海道に行きたいなあって思いますよ。
昭和40年8月30日に初めて利尻島に渡っていまして
上から2枚目の写真に「見覚えあるっ」
アルバムを持ち出して確認すると「灯台山」でした。
当時の北海道の観光ポイントには
富士写真フイルム(現在の富士フイルム)がスポンサーになって
木製の表示板を立てていました。
その前で記念写真を撮ることが多かったですね。
その表示板に「灯台山」と記してあります。
上まで登り漁港を見下ろした写真もあって
、きゃぶさんの写真に思い出が甦っています。
鴛泊港から出船してすぐに灯台山が船上から見えましたね。

それにしても毎日20000歩とはびっくりです。

Saas-Feeの風さま

コメントありがとうございます~happy01
お身体の調子はいかがですか?
今年の夏はほんと長いですねsweat01
お盆は過ぎたというのに・・・まだまだ残暑なんて呼べない状況
どうぞ無理なさらずに、ゆっくりのんびりとご自愛くださいませwink
昭和40年sign02「灯台山」って名前だったんですね~
そんなにも昔と変わらぬ景色だなんて、この移り変わりの速い世の中、素敵です
思い出のよすがになれて、うれしいのです~shine

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« おうちごはん(H25.8.14~厚揚げのキムチ炒め) | トップページ | おうちごはん(H25.8.16~リッチーナと豚コマ肉の味噌炒め) »