« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

おうちごはん(H24.10,30~鶏ムネ肉のニンニク醤油炒め)

昨日のおうちごはんです~
すっごく安くなってたので、思わず鶏ムネ肉を2パックも買ってきちゃった;
P1000182
じゃ~ん
P1000183
鶏ムネ肉のニンニク醤油炒め
鶏ムネ肉を削ぎ切りにして、酒・塩コショウで下味を付けたら、片栗粉をまぶして~
ピーマンと中辛ししとう、椎茸と一緒に炒めます
サラダ油を熱したら、鶏ムネ肉をIN
やや弱火で片面に色が付いたら、裏返して、野菜もIN
ニンニク醤油・みりんと水少々を入れて、蓋をして蒸し煮にします
あんまり火を入れすぎると、すぐ固くなっちゃうので要注意~
P1000184
ゴボウのきんぴら
ごま油でゴボウを炒めて、みりん、醤油、砂糖で甘辛く味付け
こちらも水少々入れて、中火で水分が飛ぶまで炒めます
最後にすりゴマを入れて、できあがり~
P1000185
玉ねぎ、ニンジン、豆腐の味噌汁

川久

白浜の宿は、前から気になっていた川久さん
なんといってもその外観がスゴイ・・・

P1000134
まるで宮殿みたいなんです~
反対の海側から見ると、さらに海に浮かんだお城っていった風情
中に入っても・・・

P1000161
すっごい豪華~
P1000162
床から壁から天井から・・・どれも凝っていて、建築家のこだわりなんでしょうね~
バブルの時代に建てられて
るみたいです
今はこういう時代じゃないですもんね

お部屋は和洋室をお願いしました
P1000138
玄関を入ると、いきなりず~っと奥まで廊下が続いています
まず、入ってすぐ左手に洗面所
P1000141
P1000143
なぜか2つも洗面台があります
待ち時間無しってことですか~
洗面台も凝っててオシャレ
この奥にお風呂スペース
P1000142
お風呂もとっても広かったです
ただ、せっかくなので大浴場に入りに行って、一度も使いませんでしたケド

洗面所の入り口の横洋室の入り口があります
P1000140
ベッド2つとソファ、そしてテレビも完備

廊下のつきあたりを左に曲がると、和室
P1000145
これまた・・・広いなぁ
(ちなみに女2人旅です)
もちろんこちらのお部屋にもテレビがあります
P1000136
雪見障子になってる障子を開けると・・・目の前に綺麗な海が広がっていました
P1000137
お城っぽい外壁が見えます
非常時に廊下へ逃げられない場合は、見えている丸い穴を通って逃げることになっていました
P1000146
和室にあった襖を開けると、さっきの洋室
こういう配置になってたんですね~
洋室側の方が低いのですが、ちょうどこの開放口の下にソファがあって・・・便利なので、ココから出入りしちゃいました

しっかし~ほんとに色んなところが細部に至るまで、凝っていました
すんごい、お金かかってるんだろうなぁ
なぁんて下世話なことを考えながら、相変わらずの~んびり滞在
温泉も良いお湯で、すっかり寛がせていただきました
あ゛まだご飯を書いていないのに、もうこんなにスペース取ってしまった~;

パンダ・パンダ・パンダ

27日(土)~28日(日)に白浜に行ってきました~
主な目的は・・・パンダ
8月10日に生まれたパンダの赤ちゃんが見たくって、行ってきちゃいました
白浜のアドベンチャーワールドには、なんと9頭ものパンダがいるんですよぉ

アドベンチャーワールドを訪れたのは28日で、この日はあいにく朝からかなりの雨
でも割と屋根がず~っとある場所なので、思ったよりも平気でした

で、パンダは~
え~っと
P1000168
ぐ~っ
P1000169
す~っ
P1000170
りと
P1000171
寝てます;
ちなみに
P1000172
あっちでも
P1000173
こっちでも
P1000175
寝てます;
P1000176
赤ちゃんのとこに戻ってみても、やっぱり寝てます
P1000177
あ~起きたぁ
と思ったら、ご飯タイムでした
パンダは主食である笹をなかなか消化できないので、すっごく大量に食べなくちゃいけないそうです
しかもそんな非効率な身体なので、あんまりエネルギーを使わないようにしないといけないとか~
なので
基本、食べてるか、寝てるか・・・

ん~羨ましいよう
な、ダメダメなような~
でもでも、そんな彼・彼女の姿に癒されて・・・気がついたらパンダの前で2時間以上見ていました
なんだろ~なんでこんなに可愛いって思っちゃうんでしょうね
ただ白黒の熊さんなのに~
中国の思うツボだぁ・・・でもやっぱり可愛い^^

おうちごはん(H24.10.29~鶏肉団子スープ)

昨日のおうちごはんです~
根菜が冷蔵庫にたっぷりなのです
P1000179
じゃ~ん
P1000180
鶏肉団子スープ
ニンジン、ゴボウ、エノキダケ、切り干し大根を弱火で煮ます
鶏ムネのひき肉、卵、ネギのみじん切り、片栗粉、塩コショウで肉団子
あまり肉団子を煮すぎると固くなるので、野菜が柔らかくなったところでIN
最後に味噌で味付け
P1000181
かぼちゃとじゃがいもの温サラダ
塩コショウとオリーブオイルで素材の味
野菜の甘さが感じられます

おうちごはん(H24.10.24~豚丼)

昨日のおうちごはんです~
なんとなくガッツリ気分で、豚モモ肉をたっぷり買って来ちゃいました;
P1000125
じゃ~ん
P1000126
豚丼
豚肉
玉ねぎを甘辛味に炒めて~
ご飯を盛ったら、水菜とニンジンを敷いた上にど~ん
さらに温泉卵もど~ん
お肉たっぷりですが、モモ肉なのでさっぱり後味
P1000127
ネギ乗せ厚揚げ
レンジでチンして・・・
た~っぷりみじんぎりネギを乗っけました
P1000128
大きななめこ~
小松菜と一緒に味噌汁
豆腐も入れる予定が・・・入れると鍋が溢れるので断念

おうちごはん(H24.10.23~鶏もも肉のネギ塩炒め)

昨日のおうちごはんです~

そろそろ乾燥注意報
こないだ喉の風邪がきたので、寝るときにも寝室に加湿器を移動させるようにしました
・・・と思ったら雨
朝見たら、湿度60%になってました^^;
でもこの季節、カラカラよりは良いかなっ
P1000121
じゃ~ん
P1000122
鶏もも肉のネギ塩焼き
コラーゲンたっぷりな鶏モモ肉
酒と塩コショウをまぶして少し置いて
片栗粉をつけて、両面焼きます
焼き色が付いたら、みじんぎりネギをたっぷり
乗せて、酒・水を入れて蒸し焼き~
プリッと柔らかく仕上がりました
P1000123
ナス、しめじ、中辛ししとうの炒め物
醤油でささっと香ばしく
初めはどうなることかと思われた中辛ししとう
ですが、ちゃんとタネを取ると、そんなに辛くないことが判明しました
P1000124
玉ねぎ、ニラ、エリンギの味噌汁

おうちごはん(H24.10.21~モツ鍋)

昨日のおうちごはんです~
矢田川の河川敷をのんびりお散歩
砂田橋~上飯田間を歩いて
1万歩超えて、なんだか久々にお散歩した~って気分

たっくさん歩いたあとは
P1000118
じゃ~ん
P1000117
モツ鍋
野菜た~っぷり
入れちゃいました
豚モツを軽く炒めて、いちょう切りにしたニンジン・大根も一緒に炒め
ショウガ・水を入れたら、しばらく弱火で煮ます
みりんを少し入れ、八丁味噌を溶かします
やっぱりモツには八丁味噌
良い感じに野菜に色がついたら、あとは周りに豆腐をぐるり並べて、中にモヤシ・ニラをどっさりと~
蓋をして(浮いてるケド)もうしばらく煮て、少し置いたら出来上がり~
P1000120
が無くなった状態
ちょっと薄味ですが、よくしみています
半分くらいでお腹いっぱい~

続きはまた明日かな
P1000119
ポテトサラダ
お腹いっぱいにした原因の1つはコレかも;
テレビで作ってたのを見て、ついつい・・・
酢・塩こしょう・醤油でさっぱり味です

おうちごはん(H24.10.21~中辛ししとうパスタ)

昨日のおうちごはんです~

土曜日に出かけた帰り道、道の駅で買ってみた「ししとう
表示に“中辛”って書かれていました
・・・“中辛”ってどういうこと?
なぁんて言いながら、朝ごはんのパスタに入れてみます

P1000102
じゃ~ん
P1000103
醤油漬けニンニクのみじんぎりをオリーブオイルで炒めて~
中辛ししとうを輪切りにしてIN
あとは、エリンギ、ほうれん草、玉ねぎ
・・・辛い;
4つ入れたのが多すぎたのか、種も入れちゃったのが辛さをUPさせたのか・・・
かなりのパンチ力でした~美味しいんですケド;;
P1000104
ルバーブジャム入りヨーグルト
ふぅ
炎上する口の中を見事に消火^^

錦城

10月20日(土)、錦城さんに行ってきました~
勝川にあるラーメン屋さんです
いつもなら、坦々麺を迷わず注文するんですが・・・以前から気になっているメニュー
に挑戦
P1000113

P1000114
麻婆豆腐セット
P1000115
そんなに辛くなく、山椒がよく効いています
・・・あ、でもやっぱり辛い
ただひ~ひ~っていうのではなく、じんわり辛味がくるので旨辛
ご飯が進みますね~

今度は・・・汁なし坦々麺が食べてみたいなぁ
 

赤沢自然休養林

10月20日(土)、赤沢自然休養林へ行ってきました~
ん~朝からとっても良いお天気
ようやく体調も良くなったし、もうこれはお出かけするしかありません
テーマは「秋」

まずは中津川ICで降りたら、すやさんへ
目指すは毎年恒例の・・・やまぐりしるこ
到着したのは10時すぎ
10時開店なのに、すでに待ち列ができていました~すっごいなぁ
P1000105
やまぐりしるこ@945
P1000106
一年ぶりの再会~
あぁや
っぱり美味しい
甘いだけじゃなくて、栗の深い味
風味豊かな、やまぐりならではの味わいですよね~きっと

満足しながら、国道19号を北上します
順調に進んでいき、19号から曲がったら相方と運転交代
・・・狭い道な上に、観光バスが結構通るんですよねぇ
すやさんから出発当初、ナビの到着時刻は14時だったのですが、なんと12時に赤沢自然休養林に到着~

紅葉
頃にはまだちょっと早いかなぁ
でも散策路が整備されているので、いろいろなコースを歩き回って森林浴を満喫しちゃいました
 
P1000110
P1000111
川の水もとっても澄んでいます
P1000112
名物
のトロッコ列車
たくさんの乗客でいっぱい~
バスツアーのコースに取り入れられているみたいで、15時30分まで売り切れ!
16時に臨時便が出ますとアナウンスされていました
P1000108
P1000109
見頃はまだと言っても、探すと見事な紅葉もちらほら・・・
真っ赤じゃなくてグラデーションがかかっている状態も、綺麗ですね~

これから東海地区も紅葉シーズンに突入

もう今からうずうずしちゃいます

おうちごはん(H24.10.19~鶏ムネ肉のマリネ風)

10月19日(金)のおうちごはんです~
ヘルシーな鶏ムネ肉を使って・・・
P1000095
酒、酢、醤油漬けニンニクのみじん切りに、削ぎ切りにした鶏ムネ肉をつけます
玉ねぎ、ニンジン、ピーマンを千切りにしたものに、酢・砂糖・醤油を入れてマリネ液を作成
つけておいた鶏ムネ肉に片栗粉をまぶして、弱火で焼いて~
熱いうちにマリネ液に放り込んで、味をしみこませます
たっぷり野菜と一緒に食べて、栄養満点^^
P1000096

梅ドレッシングサラダ
大根とツルムラサキを茹でて、
梅ドレッシングをかけて、混ぜ混ぜ~
野菜、特に根菜の美味しい季節になってきましたねぇ
P1000097
かぼちゃスープ

おうちごはん(H24.10.18~二日目のカレー)

10月18日(木)のおうちごはんです~
前の日のカレーが微妙な残り方・・・
P1000098
じゃ~ん
P1000099
牛乳でのばして、ほうれん草を追加~
上に温泉卵(ちょっと固まりすぎ;)をON
ちょっとマイルド味になりました
P1000100
大根、ピーマン、しめじの味噌汁
P1000101
ナスニラの炒め物
ゴマドレッシングをかけました

おうちごはん(H24.10.17~チキンカレー)

10月17日(水)のおうちごはんです~
喉の具合も良くなってきたので・・・
そろそろ食べたいなぁ
P1000090
じゃ~ん
P1000091
チキンカレー
相変わらず、ゴロゴロ野菜です;
なんか大きくなっちゃうんですよね~
あ゛~ほうれん草入れようと思ってたのに、忘れてた
やっぱり少し残っちゃったので、翌日、入れようっと~
P1000092
かぼちゃサラダ
水菜と一緒に、塩コショウ・オリーブオイル
かぼちゃほっこほこで美味しい~大好きです
P1000093
大根、白菜、しいたけの味噌汁

おうちごはん(H24.10.16~鶏モモ肉のニラ醤油かけ)

10月16日(火)のおうちごはんです~
出張からの直帰だったので、デパ地下で買出し
結構、野菜が安~い
ニラ三束で100円・・・思わず買っちゃいました
な・の・で
P1000086
じゃ~ん
P1000087
鶏モモ肉のニラ醤油かけ
みじん切りにしたたっぷりニラを、醤油につけて少しおいておきます
小さめに
切った鶏モモ肉をこんがり焼いたら、醤油をすったニラを上にどっちゃり~
千切りキャベツ、ニンジン、水菜を添えて・・・
P1000088
サケ白子の煮付け
によくさらしてから、酒・みりん・醤油と生姜でコトコト
ツルムラサキを加えてみました
ねっとり&シャキシャキ
P1000089
ナス、白菜、エノキダケ、油揚げの味噌汁

おうちごはん(H24.10.15~シイラのムニエル)

10月15日(月)のおうちごはんです~
この日はすっごく帰りが遅くなっちゃいました;
ご飯炊いていたら、もっと遅くなっちゃうので・・・
P1000081
じゃ~ん
P1000085
パン食です~
こないだ買ったクリームチーズをた~っぷり
P1000082
シイラのムニエル
塩コショウのあっさり味を、オリーブオイルでささっと
じゃがいも、ニンジン、ピーマンのカレー炒め添え
P1000084
水菜、舞茸の中華スープ

パンにしたおかげで、速攻完成でした~

リラックまんじゅう

そうそう、書くのをすっかり忘れてました~
P1000042
じゃ~ん
相方の東京土産・・・というか、衝動買いに近いお土産です
P1000043
あわ家兵衛さんというちゃんとした和菓子やさんが作られているもの・・・
P1000044
可愛いのです~
衝動買い
するのも無理は無い!
とっても嬉しそうに袋から出していました^^
P1000045
P1000053
再現度高いなぁ
どっから食べるか迷うよねぇ
と言いつつ、容赦なくク~リ
ん、普通に餡子が入ったお饅頭で
した

おうちごはん(H24.10.14~ミルク鍋パスタ)

10月14日(日)のおうちごはんです~
前の日のミルク鍋が微妙に残る朝・・・
P1000078
ふっふっふ~
P1000079
お願いして、使ってもらっちゃいました;
残ってたかぼちゃはつぶされ、モヤシと水切りした豆腐が追加されています
モヤシの影響でちょっとスープパスタっぽくなりましたが、なんだか天津飯のパスタ版って感じ
P1000080
ルバーブジャム入りヨーグルト
ん~今週で最後かなぁ
 

おうちごはん(H24.10.13~豆腐カルボナーラ&鮭のミルク鍋)

10月13日(土)のおうちごはんです~
朝ごはんはパスタ・・・ですが、相方が画期的(?)なものに挑戦しました
P1000073
じゃ~ん
P1000074
豆腐カルボナーラ
・・・で良いのかな?
小松菜・椎茸を炒めて、水きりした絹ごし豆腐を潰してIN
最後にとき卵を流します
塩加減が難しそうですが、絶妙に良い加減
P1000075
ルバーブジャム入りヨーグルト

夜は、鮭のミルク鍋
P1000076
鮭、玉ねぎ、椎茸、かぼちゃ、白菜
牛乳カレー粉も入れて、コクUP
P1000077
た~っぷりいただきました
これで栄養もた~っぷり補給なのです~

おうちごはん(H24.10.12~豚キムチ)

10月12日(金)のおうちごはんです~
この日はすっかり帰りが遅くなっちゃいました
こんな時は・・・そう!
P1000069
じゃ~ん
P1000070
豚キムチ炒め
ニンジンとモヤシもたっぷり入れて~
簡単かつボリュームたっぷり
P1000071
かぼちゃサラダ
P1000072
小松菜、えのきだけ、玉ねぎ、油揚げの味噌汁

おうちごはん(H24.10.10~牛すじのトマト煮)

10月10日(水)のおうちごはんです~
P1000066
じゃ~ん
P1000067
同じく一昨日、コトコト煮ておいた牛すじ
相方が調理してたのを見よう見真似で・・・
すじは茹でこぼして、よぉく水洗い
念を入れて、さらにもう一回
これを生姜・酒入りの水で煮ておきました

冷蔵庫で2晩経過したら・・・すっごい脂;
塊になってるのをエイエイと取り去りました
それを玉ねぎ、ニンジン、大豆の水煮と一緒に、トマト缶でさらに煮ます
最後に小松菜を入れて、でっきあがり~
むっちゃ脂を取ったので、さっぱり味~
でもコクのある仕上がり
P1000068
もやしとピーマンの納豆和え
・・・なんだか変な組み合わせになっちゃいました

おうちごはん(H24.10.9~鶏手羽元の煮物)

10月9日(火)のおうちごはんです
そろそろ乾燥が心配な季節になってきましたし・・・
コラーゲン補給です~
P1000062
じゃ~ん
P1000063
前日に大根と一緒にコトコト煮ておいた
鶏手羽元
小松菜と卵を入れて、さらに煮含めました
薄めの味付けです
P1000065
もやしとニンジンを軽く茹でて~
ちぎったレタスと合わせて
酢をきかせた
醤油ドレッシングで
P1000064
かぼちゃ、えのきだけ、油揚げの味噌

おうちごはん(H24.10.7~餃子パスタ&ポトフ)

10月7日(日)、おうちごはんです~
朝は・・・すっかり忘れてた~餃子の具が残ってた;
え~い、これを使って~
P1000056
じゃ~ん
P1000057_2
トマトと一緒にパスタに入れてしまいました
むむっ、意外といけます
さっぱりなミートソースって感じ
トマトの酸味効いていますが、ひき肉のダシも効いてます
P1000058
ルバーブ
ジャム入りヨーグルト

夜ごはんは・・・温まるものを~
P1000059
じゃ~ん
P1000060
ポトフ
野菜、むっちゃ大きい~;
でもこのくらいの方が、何だか美味しい気がします
キャベ
、ニンジン、じゃがいも、しめじ
コンソメ入れて、コトコト弱火で煮込みます
仕上げは
黒コショウをたっぷり目に
ふぅ~ほっこり~
P1000061
小松菜・もやしのバター炒め

おうちごはん(H24.10.6~野菜たっぷりパスタ)&カイザー

10月6日(土)、朝のおうちごはんです~
休みの朝はやっぱりパスタ
P1000049
じゃ~ん
P1000050
野菜たっぷり~のパスタ
ニンジン、玉ねぎ、小松菜
玉ねぎは初めにじっくり炒めて甘みを出します
P1000051
前日に作った残りの中華スープ
大根、ニンジン、豆腐
P1000052
ルバーブジャム
入りヨーグルト
ルバーブジャムもとうとう、最後のタッパーです


お昼はカイザー
さんにランチへ
ポカポカ暖かいテラス席で、日向ぼっこしながら・・・
サラダランチ~@950
P1000054
P1000055
山盛りのいろんなパンも楽しいんです~
・・・これで結構、いつもお腹いっぱいになっちゃうんですケド;食べちゃいます
この日は珍しくとっても空いていて、の~んびりランチを楽しませていただきました

おうちごはん(H24.10.5~餃子)

10月5日(金)のおうちごはんです~
引き続き、テーマは「元気の出るもの」!
P1000046
じゃ~ん
P1000047
餃子、山盛り~
キャベツにニラと、我が家の餃子は野菜たっぷり
・・・入れすぎて具が余っちゃいました;
酢醤油でさっぱりと
こんなにたくさん作ったのに、結局2人で
食~
風邪でも全然、食欲は無くなりませ~ん
P1000048
中華スープ
大根、ニンジン、しいたけ、豆腐

クリスピークリームドーナツ

9月30日(日)
風邪でおとなしく
ブーたれてながら、寝ている私をふびんに思ってか・・・
相方がナゴヤドーム前イオンクリスピークリームドーナツで、ドーナツを買ってきてくれました

P1000035

P1000034
あぁこんな食っちゃ
状態で、こんなものを食べるなんて罪なこと・・・もちろんやっちゃいます

右がパンプキン
左がムラサキイモ
どうやら初めてなので、ノーマルタイプを買おうと思ったのですが、新しモノ好きの血が騒いで、結局新作を買ってきたようです

どっちも濃い~味
風邪で生ぬるくなっている私の舌には良いのですが、相方的には1つなら良いけど2つは・・・という感想でした

おうちごはん(H24.9.30~じゃがいもパスタ&サバの塩焼き)

9月30日(日)のおうちごはんです~
朝は我が家の定番、パスタ
P1000031
じゃ~ん
P1000032
じゃがいもパスタ
結構大きめのじゃがいもを炒めてキャベツと舞茸
食べるラー油で味付けはバッチシです~
じゃがいもで、かなりボリュームたっぷり
P1000033
ルバーブジャム入りヨーグルト

夜は、スーパーで脂ノリノリの真サバをGetしたので・・・
P1000036
じゃ~ん
P1000037
素直に塩焼きにしました
ん~ほんっと、すごい脂のノリ~
副菜は
かぼちゃの煮物、ニラ・キャベツの納豆和え、ニンジン小松菜・豆腐のみそ汁

おうちごはん(H24.9.29~おじや)&川本

まだまだたまってます~;
9月29日(土)、思い返せばちょうど風邪ひき始め・・・
お昼のおうちごはんは、おじやでした

P1000028
大根、椎茸、ニラ
生米を入れて、ちょっとアルデンテな感じに仕上げ
・・・ま、お腹が痛い訳じゃないし~

そして、夜ご飯は力をつけようと鰻~
我が家から一番近くにある、川本さんへ
こちらは何回かお邪魔していますが、鰻も香ばしいし、タレが甘すぎずに結構好みなんです
P1000029
P1000030
ん~いかにも名古屋の鰻って感じですね
力もつけたし、早く治すぞ~
(・・・といいつつ、今日もまだ完治しておらず;;)

ラ・ペシェ

9月28日(金)、ラ・ペシェさんに行ってきました~
上前津にあるフレンチのお店
月イチのぐるめ会です~

大通りに面したおしゃれなお店
オープンテラスになっていましたが、ちょうど気持ち良い季節ですね~
プリフィックスコース@3300
P1000019
P1000020
たくさんあって、迷っちゃいます~

前菜は鶏レバーのムース
P1000021
しっかり味でパンがすすんじゃいます~
鉄分補給っ
P1000022

メインは自家製 鶏のコンフィ
P1000023
パリッパリ~に焼かれた鶏とじゃがいも
香ばしくって美味し~い
P1000024
マスタードをつけても、また美味し~

一緒に行った子のブイヤベース
P1000025
これまた魚介たっぷりで、とっても美味しそう
あ、そうそうメインについては、店員さんがシェアしますか?って聞いてくださいました
うれしいサービスですね~

デザートはクレームブリュレ
P1000026
P1000027
ん~バニラビーンズたっぷりの濃厚なお味

上前津の駅すぐそばで、とっても便利な場所
そしてしっかりしたお味
風邪のひき始めに伺ってしまったので・・・今度は体調を万全にして再訪したいです~
ラ・ペッシュさん(食べログ)

おうちごはん(H24.9.27~豚キムチ)

だいぶUPサボっちゃいました~;
まだまだ日本の味を求めていた日々・・・

P1000015
じゃ~ん
P1000016
豚キムチ~
簡単だけど~王道です
P1000017
里芋の煮物
根菜が美味しい季節になってきました
P1000018
豆腐、豆苗、舞茸
ウェイパーでスープ

スイス その18~9月22日(土)ミラノ~帰国

スイスの旅、ラストです~

朝食をいっただきます~
Cimg0620
なぜか甘いデニッシュパンばかりでした
(私は別に構いません^^)

予定どおり、朝イチでドゥオモを目指します~
Cimg0623
地下鉄に乗って~
Cimg0624
乗り換えて~っと
Cimg0625
こっちの車両は落書きだらけ;


再び、ドゥオモ広場に到着~8時45分くらい
Cimg0631
Cimg0626
Cimg0628
Cimg0627
Cimg0630
屋上に上がれるのは9時からなので、ちょこっと待ち時間
昨日よりも全然人が少な~い
鳩のえさを押し付けようとする人とか
ミサンガを売りつけようとする人がいて
写真を撮るのも一苦労;
やっぱり日本人って狙われちゃうんですねぇ

Cimg0632
ぐる~っとパノラマ

屋上への入り口は階段orエレベーター
もっちろん階段でがんばります~
Cimg0634
せまい通路をぐるぐる・・・目が回りそう
到着すると
Cimg0635
ドゥオモの屋根が目の前!
Cimg0637
通路になっています~
Cimg0638
近くで見てもやっぱり綺麗~
Cimg0639
さらに上に登ります~
Cimg0640
屋根の上に出ました~
あ゛工事中・・・
何を工事しているのかなぁ
どうやら、屋根の真ん中部分を歩きやすいように改良しているみたいです
手前の柵辺りからこっち側は、すでに歩きやすいように平たくされていました
ちょうど大理石の突起物を壊す作業中、見学させていただきました
Cimg0649
穴をあけて~
Cimg0650
楔を入れて~
Cimg0652
ガンガンたたいたら~
Cimg0653
ヒビが入った~
Cimg0654
うんとこ
Cimg0655
しょ~っとで真っ二つ~
とっても綺麗なドゥオモ、こうやって色々な改良やら修繕がなされているからなんでしょうね


さて~っと旅の最後、ここドゥオモの屋根の上から、周りの風景を堪能します~
Cimg0643
あっちにも
Cimg0644
こっちにも
Cimg0645
そっちにも
Cimg0646
どっちの方向にも聖人が乗った尖塔が立ち並んで・・・
街中が見守られています
Cimg0647
さっき歩いてきた通路~
Cimg0648
この立ち並ぶ尖塔が、まさにシンボリックなミラノのドゥオモですよね~
Cimg0657
最後に上からドゥオモ広場
時刻は10時を回りました~
さて、そろそろホテルに戻って、荷物をまとめてチェックアウトしなくっちゃ

あとは飛行機の長旅が待っています

あ☆ちゃんと忘れずに、ジェラートも食べましたよぉ
空港で・・・有り金をほとんどはたいて買ってしまったので、2ユーロのミネラルウォーターが買えないハメに陥りました;
Cimg0663
その後、1.5ユーロのミネラルウォーターを発見、無事に入手しました

なんだか書き進めるうちに、と~っても長編になってしまいました
最後までお読みくださった皆さま、ありがとうございます

もうすでに次の旅にでかけたくてたまらないのですが、たちの悪い風邪に喉をやられて・・・おとなしくブログを書き綴る日々でした~
また海外も目指すぞぉ

スイス その17~9月21日(金)ミラノの夜

スイスの旅、続きです~

ミラノ駅からはまず、地下鉄に乗ってホテルへ向かいます~
ん~階段しか無いなぁって思ってたら・・・
スーツケース用のベルトコンベアが~
 
Cimg0587
上でよっこらしょ~って置くと
Cimg0588
下でどっこいしょ~って受け取れます~
ゆっくりなので、ちゃんと間に合いますよぉ
向こう側は上がる人用
さすがミラノ駅・・・旅行者に優しいですね~便利です

ミラノの宿はサンタンブロージョさん
中央駅から一本で行けて便利な場所です~
チェックインを済ませてお部屋へ・・・いかにもシティホテルといった雰囲気です
スーツケースを置いて一息ついて~まだ17時前なので散策に出かけました

まずはホテルの名前と同じ、サンタンブロージョ教会Cimg0589
Cimg0590
Cimg0591

ちょうど中で何か行われていたようで、入れませんでしたが、赤茶色のレンガが綺麗な建物です

Cimg0593
Cimg0592
ローマ時代の遺跡(かな?)

いかにも~な通りを通って・・・
Cimg0595
Cimg0596
Cimg0597
ドゥオモに到着~
Cimg0598
Cimg0602

綺麗ですよね~ほんと荘厳・・・
ミラノで行きたいトコある?って相方に聞かれて、ドゥオモに行ければそれで満足って即答しちゃいました;
荷物チェックを受けてから、中に入ります~
Cimg0603
Cimg0605
Cimg0606
Cimg0607
Cimg0608
お祈りをしている方々の妨げにならないように・・・そ~っと静かにお邪魔させていただきました
ドゥオモは屋上にも登れますが、もう夕方だったので、また明日のお楽しみに取っておきます^^

ここからスカラ座を通って~
Cimg0609
スケルツォ城へ
のんびりしようかとお庭で腰をおろしたら、ちょうど閉門時間になってしまい、追い出されちゃいました;
Cimg0610
Cimg0612

結局、この日も結構歩きました~1万歩くらいかなぁ
じゃあ夕ご飯といきますか~
出掛けに目を付けていた、ホテル近くのピッツェリアへ
カパネッレさん
Cimg0613
赤のグラスワイン@2ユーロ
Cimg0614
Cimg0615
生ハムとキノコのピザ(上)とマルゲリータ(下)
計14.50ユーロ
ピザは切らずにどど~ん出てきます
大きいですが薄い生地のパリパリ系なので、結構いけちゃいます~
やっぱり美味しいなぁ
Cimg0616
調子に乗って
ティラミス@5ユーロとエスプレッソ@1.5ユーロ
しめてお会計は、33.50ユーロ(サービス料込)でした
イタリアは普通な値段で安心~

ホテルへの帰り道、スーパーに寄り道したとき・・・
つい撮っちゃいました
Cimg0619

KYOTO NARITA GINZA と書かれた寿司たち・・・

スイス その16~9月21日(金)サンモリッツ~ティラ-ノ~ミラノ

スイスの旅、続きです~

ベルニナ特急では、せまりくるような山々と氷河がたくさん楽しめます
Cimg0548
モルテラッチ氷河~
Cimg0549
ラーゴ・ビアンコ(白い湖)~
Cimg0551
標高2253mオスピツィオ・ベルニナ~
Cimg0552
関係ありませんが・・・前日の宿、ハウザーさんではミネラルウォーターのサービスがありました
左側・・・発泡性です
私は発泡性のミネラルウォーターが苦手~なので、ナチュラルとかナチュラーレって書いてあるのを選びます

ここからはどんどん下ります~
Cimg0555
アルプ・グリュム駅でちょこっと下車タイム
Cimg0556
パリュ氷河をみんなで眺めます~

Cimg0562
ポスキアーヴォ駅
Cimg0563
来た方向を見やると・・・すごい坂ですね~

ここで思い出して、ハウザーさんのウェルカムチョコレートをいただきます~
Cimg0565
ミルクが効いた、でも濃厚な味わい
あぁやっぱりちゃんと買って食べたかったなぁ

Cimg0567
ぐねぐね曲がりくねる線路~

いよいよハイライト、オープンループ橋が見えてきました
Cimg0571
Cimg0572
高低差を克服するために、360度ぐる~っと回転します
Cimg0573
よっこら~
Cimg0574
しょ~っと

後ろを振り返って~
Cimg0577
さようなら~
Cimg0579

さ~て、ついにスイスとお別れし、イタリアのティラーノに到着です~
出発は遅れましたが、到着時刻はちゃんと12時すぎ
Cimg0580

駅を出ると、いきなりジェラート屋さんがあっちこっちに~
Cimg0581
でも、スイスフランをすっかり使い果たし、まだユーロを持ち合わせていない私たち
ん~ジェラートはおあずけして、ランチにしましょう
ミラノ行きの電車は13時10分発
そんなにもゆっくりしていられないので、手軽な雰囲気のお店を探します

駅からちょっと離れたお店で、パスタポモドーロ@7ユーロ
店員さんに英語がそんなに通じない感じで、これまた、もうイタリアなんだぁと実感
(私たちの英語が怪しいせいかもしれませんが)
Cimg0582
Cimg0583
たっぷりのパンとパルメザンチーズ
やっぱりイタリアだから、パスタだよね~
うんうん、美味しいけど・・・量が多い;

なんとか食べきったところで、お会計~
ところがっ!ここでまたもやトラブル発生~
カードが使えない・・・もちろん日本円も・・・
え゛~っと言いながら、急いで教えてもらった銀行へ、両替に向かいます

でもでも二人共あせってて、お互いカタコト英語で教えてもらった場所がうろ覚え~
道行く方に尋ねてみよ~っとしたら・・・ん~すごいぞぉ全然英語が通じず・・・
たぶんこっちだったよ~と行った方向で、っていうかイタリア語で銀行って何て書いてあるの~?とか言いながら・・・銀行らしき建物を発見!
Banca
きっとこれに違いない~本当?とか言い合いながら、中へ
1人ずつしか入れない回転式扉
このセキュリティの高さ、間違いありませ~ん

時刻は12時50分
前に並んで用事を済ませる人たちをもどかしく思いながら、両替完了~
ダッシュ(になってませんが)でお店に戻って(あ、スーツケースは預かってもらってました・・・)、お会計~
スーツケースをガラガラ言わせながら、駅に戻って~
あ~良かったぁ、ちゃんと13時10分の電車に間に合いました

あぁびっくりした
お金が無いのに、気軽に飲み食いしちゃ、いけませんね~
お腹もいっぱい、程よい運動(?)も終えて、ミラノまではぐっすり
気が付くと・・・15時40分ごろ、ミラノへ到着していました
Cimg0584
Cimg0585
Cimg0586
半円型の屋根がおしゃれな雰囲気のミラノ駅

スイス その15~9月20日(木)サンモリッツ

スイスの旅、続きです~

氷河特急の終着駅、サンモリッツはリゾート地で有名なところ
駅に着いたら、まず出迎えてくれるのは大きな湖~その名もサンモリッツ湖
それを見下ろすような高台に、ビルが立ち並んでいるのが見えて・・・お~、今までの街と違う近代的な感じですね~

ホテルに行くには高台の方に行かないといけないので、どうしよっかなぁと思ってウロウロ
通りすがりの方に何人か尋ねると、エスカレーターを教えていただきました
低い位置にある駅と高台を結ぶ、とっても長~いエスカレーターが設置されていて、便利
エスカレーターを昇って、立ち並んだ有名ブランドショップに気おされながら、スーツケースをゴロゴロ
今夜の宿はそんな立ち並ぶブランドショップを抜けたところにある、ハウザーさん

まずはチェックインを済ませます
サンモリッツはイタリア語圏のようですね~
ハウザーさんは1階にレストランやチョコレートショップも併設していて、ウェルカムチョコレートをいただきました
ちょっと風が強くって肌寒かったのですが、せっかくなので湖のほとりまでちょこっと脚を延ばします

Cimg0521
高い建物が立ち並ぶ高台と
Cimg0524
Cimg0522
その下に広がる湖
Cimg0527
たくさんのヨットが係留されていました
ん~リゾート地っぽい
もう18時過ぎていたので、陽の光は山を照らすだけ・・・風も冷たいので、お散歩する人もほとんどいませんでした
フリースを着てても、ちょっと寒いくらいです
夏場はきっとたくさんの人々でにぎわっているんでしょうね
Cimg0531
街はこんな感じ~石畳がヨーロッパな感じ~
ブランドショップとは無縁の身ですし・・・ほとんどお店も店じまい
じゃあ、とご飯を食べるところを探しますが、あんまり見当たらず・・・美味しそうだったハウザーさんのレストランに行くことにしました

Cimg0532
グレープジュース@5スイスフラン
濃くって美味し~
Cimg0533
相方は・・・また飲んでる~赤ワイン
パンとオリーブオイルが出てきて、このオリーブオイルがまたフレッシュで美味しい~風味がたまりません
Cimg0534
相方のラタトゥイユ@23.50スイスフラン
一口いただきましたが、すっごく美味し~
でも、真ん中の魅力的なチーズ
くれないので何でだろ~って思ってたら、くせが強くって(たぶんヤギのチーズ)私にはたぶん無理とのこと
相方は美味しいってパクパク食べてました
Cimg0535
私の野菜の煮込み&ロシティ@20.50スイスフラン
これまた優しい味にほっこり~
付け合せに、たっぷり添えられたカッテージチーズ
フレッシュ~な酸味で、アクセントにぴったりでした

お会計は56スイスフラン
ほんとは併設されたチョコレートショップで、デザートを買ってみたかったのですが、お料理でお腹いっぱい~
残念でした~;;

翌朝、同じレストランで朝食をいただきました
Cimg0536
クロワッサン、サクッサク~^^
コーヒーも本格的な、エスプレッソ
どんどんコーヒーが美味しくなっていきます~
イタリアに近づいていくから!?

今日はサンモリッツから、ベルニナ特急に乗って、ティラノを目指します~
ティラノはもうイタリアなので・・・とうとうスイスともお別れ
9時29分発の電車に間に合うように、ホテルから車で送ってもらえました
Cimg0537
Cimg0540
電車を待ちますが・・・あれ?時間になっても、まだ来な~い
他のホームには、昨日乗った氷河特急が準備万端に到着していますが・・・
大丈夫かなぁと心配する私に、相方が一言
だってもうイタリア圏内だよ~仕方ないじゃん
・・・なるほど、時間にきっちりのスイスになじんでしまっていましたが、このベルニナ特急はイタリアとを結ぶ電車でした
そんな失礼なことを言っていたら、車両が登場~
Cimg0541
Cimg0544
ちゃんと(?)10分程度の遅れで出発~
しっかし、これまた開放的な窓でパノラマ感全開っ
そして、やっぱり満席状態でしたが、ゆったりと1組1ブース

Cimg0546
地図の真ん中下の方にあるサンモリッツ駅1775mから、オスピツィオ・ベルニナ駅で最高地点2253mを経て、地図の右下ティラーノ駅429mまで
2時間30分の電車の旅です~

スイス その14~9月20日(木)ツェルマット~サンモリッツ

スイスの旅、続きです~

朝早起きして~
昨日と同じく、ロープウェイ乗り場の方へ、マッターホルンを見に行きます
7時、マッターホルンに太陽が当たり始めます
Cimg0454
Cimg0455
赤く染まった山肌・・・

そして陽が昇るにつれて
Cimg0461
輝きを増します~

Cimg0464
Cimg0466
街へ戻る帰り道でも、振り返ると見えます
なんだか荘厳な風景
ツェルマットはマッターホルンの街、っていう意味がよくわかりました

宿に戻ってくると、予想どおり小さなダイニングは、日本人ツアー客でパンパン~
陽気なイタリア人のおじさんが、席を作ってくれました
添乗員さんと思われる女性に恐る恐る・・・今日これから氷河特急に乗るんですか?と尋ねると、氷河特急には乗らないツアーなんですとのこと
あぁ一安心しちゃいました

ツアー客のスーツケースを下ろす作業が始まらないうちに、早めに出発します~
駅に着いたのは8時45分
え~っと私たちが乗る氷河特急は・・・
Cimg0467
9時13分発、サンモリッツ行き
ファストバゲージで荷物を送ろうかと思いましたが、距離が遠いせいか、受け取りが翌日の朝9時になってしまうと言われて断念
まぁ全車指定席の電車なので、よっぽど大丈夫かなぁ
ここから約8時間の氷河特急の旅へ出かけます~

Cimg0468
Cimg0479
Cimg0485
車内はこんな感じで、上部まで続く窓のおかげですっごいパノラマ感です~
イヤフォンが用意されていて各国語(日本語も有り!)で見所ポイントの解説も入ります
満席ではありますが、4人がけ1組にしているみたいで、お隣は素敵な銀髪の女性お1人でした(上の真ん中の写真)
すっごく優雅~「奥様」って感じ

中では、飲み物・お食事も楽しむことができます(フルコースも選べます)
ちゃんと乗務員さんがオーダーを取りに来てくれて、席まで持ってきてくれるのでラクチン
でも私たちは昨日、例のホテルの近くにもあったパン屋さんでサンドイッチを買ってきていたので・・・
Cimg0480
Cimg0481
Cimg0482
Cimg0483
このサンドイッチとパン、とっても美味しかったです~
パン生地に色々な木の実が練りこまれていて、香ばしい~
おまけにハムもフレッシュで美味しい
天気も良くって、景色もバッチシ~ご機嫌ご機嫌

Cimg0487
Cimg0489
Cimg0490
となりの奥様もご機嫌~カメラを撮ったり、歓声をあげたり・・・とっても可愛らしいご様子
・・・そりゃあワインもすすみますよねぇ
グラスの中のワインがかなり傾いているのですが、この氷河特急はかなりの斜度を運行しています

13時20分ごろ、アンデルマットの駅(だったと思います)で、他の車両を連結
少しの時間、ホームへ降ります
Cimg0492
こっちを~
Cimg0493
切り離して~
Cimg0494

こっちを~
Cimg0495
近づけて~
Cimg0496

くっつけます~
Cimg0498
連結部のホロもつなげます~
Cimg0506
すっごく長くなりました

Cimg0513
右も左も車窓からの景色がステキなので、あっちこっち見るのに忙しくって、時間が流れるのがあっという間です
一番の見所、ランドヴァッサー橋
Cimg0514
え~っとこれがやっとでした;
結構たくさん写真を撮ったのですが、天気が良かったからか、車内が反射して・・・うまく撮れない~

そんなこんなしているうちにサンモリッツ駅へ到着~
ほんとに8時間も乗ってた感じは、まったくしませんでした

スイス その13~9月19日(水)フーリ~ツェルマットの夜

スイスの旅、続きです~

14時、フーリからツェルマットを目指して歩き始めてすぐ!
とっても素敵な光景が私たちを迎えてくれました~
Cimg0381
虹!!
目指すツェルマットの街に虹がかかっています~
Cimg0383
ロープウェイと
Cimg0384
虹を道連れに、てくてく下っていきます~
前日、痛がっていた相方のヒザもこの程度の下りなら大丈夫とのことで、一安心です
Cimg0385
Cimg0386
Cimg0387
Cimg0390
○○に注意!
Cimg0392
可愛い花もたくさん咲いています~
Cimg0391
Cimg0393
絶景レストラン(ちょっと怖いかも)
Cimg0394
この地方の昔の建物
ねずみ返しの丸い円盤状の石が付いています
Cimg0396
屋根には薄くはいだ石が敷いてあります
Cimg0398
山から流れてくる川
Cimg0400
見慣れてきた黄色のハイキング標識
Cimg0401
ツェルマットの街が近づいてきました
Cimg0402
あ、また虹が~^^
そして、ロープウェイの駅へ到着~
時刻は15時20分
Cimg0405
振り返ると・・・やっぱりマッターホルンは雲の中ですねぇ;;
気を取り直して、宿へと帰ります~
Cimg0406
Cimg0407
氷河から流れこむ川の水は、白濁
冷たそう~
Cimg0408
お天気が良くなってきたからか、街にはたくさんの観光客が・・・
Cimg0447
途中、寄り道して・・・買っちゃいました~
Cimg0409
Cimg0413
パン屋さんで~
Cimg0410
相方のアプリコットタルトと~
Cimg0411
Cimg0412
私のブルーベリータルト
すっごく大きい~でも甘さ控えめで素材の味が生かされています
とっても美味しい~

ご機嫌でホテルの窓から外を眺めてみると・・・
Cimg0415
角部屋なので、とっても良い景色~
Cimg0414
あ~さっきケーキを買ったパン屋さんがすぐソコに!
こんなたくさんお店があるパン屋さんだったんだぁ
Cimg0416
あれっなんか橋の上にたくさんの人が・・・
みんなカメラ片手に・・・これはもしかして~行ってみます
Cimg0417
Cimg0418
橋のたもとにあったてすりの中にも~
Cimg0419
虹^^

そして橋の上、みんなが見つめる先には・・・そう
Cimg0420 Cimg0421
Cimg0423
街のシンボル、マッターホルン

やっとお目見えです~
嬉しくなってしまって、もう一度、ロープウェイ乗り場まで戻ってみました
Cimg0432
ど~ん

Cimg0436
どど~ん

Cimg0437
どどど~ん
いつの間にか、すっかり雲が切れて、晴れ渡る空

思わず~久々に

Cimg0438 
Cimg0441
ジャンプ&ジャンプ~

Cimg0444
Cimg0446
夕闇せまる中、ホテルへ戻ります~

ホテルに戻ってびっくり!
もともとそんなに広くないこじんまりとした宿なんですが、ロビーが・・・スーツケースで溢れてる~
そう、日本人ツアーがちょうど到着したみたいなんです;
わぁもしかして、明日の氷河特急で一緒だったらどうしよ~;;

気を取り直して、夕ご飯
今夜はランチがたっぷりだったので・・・

Cimg0449
コープで、サンドイッチをGET~

Cimg0450 
Cimg0451
私は、あまりにお腹がいっぱいだったので、ヨーグルトだけ~

天気予報を見ると、明日は期待できそう~
今日は見ることができなかった、朝焼けマッターホルン
早起きして、目指しちゃいます~
さて、そのためにも早く寝なくっちゃ・・・zzz

スイス その12~9月19日(水)マッターホルン・グレッシャー・パラダイス~フーリ

スイスの旅、続きです~

この日はやっぱり朝から小雨がパラパラ・・・
テレビで周辺の展望台のライブ映像や天気が見れるチャンネルがあるのですが
ライブ映像は真っ暗
天気予報は晴時々雨・・・晴時々雨ってどういうこと?

朝からハイキングへ向かうのは諦めて、窓口が開く7時、ツェルマットの
駅へスーツケースを取りにテクテク向かいます
ところがここで衝撃の事実が判明~
駅の窓口で荷物を引換票を出すと、「ココじゃないから、あっちへ回ってください」
え~ドコドコ~?って思いながら、指された方へ進んでいくと・・・あっもう1つ荷物マークがある場所が
そこで荷物の引換票を出して、荷物を出してもらってる時に・・・見てしまいました
「営業時間 7:00~20:00」

どうやらさっき最初に行った(昨夜も閉まっていた)荷物を預ける窓口は19時まで、こっちの荷物を受け取る窓口は20時までなのです
え~っ!そ~なの~っ
ショックを受けつつ、ホテルへガラガラとスーツケースを引っ張っていく私たち
1つ、お勉強になりました;
(でもでも受け取る窓口は、駅の奥の方なのですっごくわかりにくい~看板もドイツ語表記だし;)

気を取り直してお部屋に帰って、テレビでライブ映像今日の天気を見ますが
、真っ白~(雲です)
とりあえず朝食に向かいます
Cimg0314
Cimg0315
Cimg0316
クロワッサンがパリパリで美味しい~
やっぱりこれまた陽気なイタリア人のおじさまが、コーヒー&ミルクを入れてくれます
片言の日本語交じりで、とっても楽しそう
お天気でちょっとブルーな私たちも、ついつい楽しくなってしまいます;

お部屋に戻ってきて、諦め悪くテレビを観ていると・・・
おっさっきまで真っ白だったライブ映像で、かすかに景色が見えている場所があります
このままお部屋にいてもなんだし~ダメもとで出かけますか~
どう考えても、今までの行程では無いくらいに寒いので、最大級の防寒!を準備して・・・向かうはマッターホルン・グレッシャー・パラダイス
ヨーロッパ最高地点にある展望台で、なんと高さ3,883m地点~
なんっと富士山よりも高~いのです
真っ白の可能性が高いのですが・・・向かいます

9時ごろ、ロープウェーに乗り込みます~
Cimg0317
雨はもうあがっていましたが、朝方の雨の水滴がたくさんついています
フーリで、もっと大きなロープウェイに乗り換えます~
Cimg0319
お天気が悪いので、ガラガラ~
他に人がほとんどいないので、乗り換える場所がわからなくってウロウロしちゃいました;
Cimg0320
ちょこっとは雲の切れ間があるんだけどなぁ
Cimg0321
上は・・・白いなぁ
さらにトロッケナー・シュテークでもう一回、乗り換えます
Cimg0322
Cimg0323
Cimg0324
Cimg0325
Cimg0327
10時40分ごろ、到着~
高度が高いので、展望台の階段を上るのも息が切れます
Cimg0337
Cimg0328
・・・真っ白です
Cimg0329
上は青空なんだけどなぁ
やっぱり予想どおり、極寒の地~
展望台に来た人々は、写真を撮るとすぐに引き返していきます
フリースもダウンも着て、マフラーも巻いて・・・でも寒い;;
でもでも、諦めの悪い私たち(相方は巻き添えかも・・・;)は、ココで粘ること約2時間!
たまに風で雲が吹き飛ばされて、少し見えた山々
Cimg0346
11時40分ごろ
一番、この時が晴れてたかなぁ
Cimg0354
ん~すぐ隠れちゃいます
反対側は上の写真のように見え隠れしてくれましたが、肝心のマッターホルン側は・・・絶望的に真っ白
途中で上半身服を脱いで写真を撮ってる
中国の方がいて・・・きゃ~見ているだけで寒い
世の中、いろんな人がいるものですねぇ

ようやく諦めて戻ります
Cimg0359
Cimg0361
運転士さんと彼のマッターホルンリュック

Cimg0362
下の方の雲は切れてきてるんだけどなぁ
Cimg0364
Cimg0365
氷河から溶けた水が河を作っています

フーリまで戻ってきました
Cimg0369
おっ、行きは真っ白だったのに、結構晴れてきています
時刻は13時過ぎ・・・
お腹が空いたのと冷えた身体を温めるため、景色の良いレストランへ
Cimg0373
ロープウェイがよく見えています~

Cimg0375_2Cimg0376
ありがたい日本語メニュー
さぁてと温かいモノを・・・
Cimg0380
じゃ~ん

Cimg0377
ラザニア
Cimg0378
コンソメスープ
Cimg0379
オニオングラタンスープ

Cimg0374
濃い目のしっかり味が、パンとよく合います~

さぁてしっかり温まったところで、ここフーリからツェルマットまで歩いて下ります~

スイス その11~9月18日(火)ヴェンゲン~ツェルマット

スイスの旅、続きです~

ヴェンゲンからツェルマットへは、たくさんの電車を乗り継ぎます
この区間の乗り換え時刻表も、ヴェンゲン駅の窓口で作ってもらえました
ヴェンゲン15:03→15:21ラウターブルンネン15:33→
15:54インターラーケンオスト16:00→16:21シュピーツ16:36→
17:02フィスプ17:10→18:13ツェルマット
こんな分単位の乗換えができるなんて、スイスの鉄道は時間に正確なんですね~

ところが、シュピーツ駅でトラブル発生
いくら待っても電車が来ません
なんかアナウンスが流れてる・・・
Cimg0298
Cimg0300
Cimg0301
20分遅れ・・・ですね
なんてこったい

結局、フィスプに着いたのは、予定の17:10発電車が出た後で、次の電車は~
フィスプ18:10→19:13ツェルマット
ん~一時間に一本なんですねぇ

ツェルマットに着いて、今朝、ファストバゲージで送った荷物を取りに向かうと・・・
え゛~もしかして、もう閉まってる?!
中も暗いし~みなさん諦めて戻ってきています
うわぁイタタ・・・辛いなぁ
一応、着替えは一組、リュックに入れておきました
ほんと良かったぁ
でも化粧水が~乳液が~ぐすぐす;;
お肌の曲がり角はとっくに過ぎてしまっている身なのに~

ツェルマットの街は、グリンデルワルトよりも全然大きい~
もう時間が時間なのであまり人はいませんが、お店もたくさん並んでいます
ココでの宿は、アストリアさん
ちょこっと駅から距離がありますが、スーツケースが無い私たちには・・・軽いものです(悲しい)
そしてチェックイン
フロントの方、なんだかノリが軽くって明るい;
「何か問題ある?大丈夫?」って何度も聞いてくれるので
そんなに聞くなら、じゃあこの話でもするかぁ・・・と思い、電車が遅れて荷物が取れなかったと言ったら
(軽~いノリで)え~そうなの~それは大変だね~」
このノリの良さは・・・あ、そうかぁきっとイタリアのお兄さんに違いありません
何だか可笑しくなってきちゃいました

可愛いお部屋~なんだかゴージャス
Cimg0305
これでちゃんとスーツケースがあれば、言うことないんだけどなぁ;;

気を取り直して、夕ご飯~
近くのオールドツェルマットさんへ
まずはチーズフォンデュ
Cimg0306
あ~また飲んでます
私は紅茶
初めホットミルクを頼んだのだけど、店員のお姉さまに止めたほうが良いよとアドバイスされ・・・(
何だかよくわからないけど、寝ちゃうわよとか言ってた気が)
ガイドブックにはビールと組み合わせが良くないって書いてあったのだけど、ビールは全然OKでホットミルクはNGみたい
Cimg0307
チーズフォンデュ~@27スイスフラン
これでも1人分です
Cimg0308
さっきのお姉さまがやり方を見せてあげるわ~と私の分をぐるぐるチーズに付けて、黒コショウをガリガリ
すっごい美味しい~
白ワインがとっても効いていますが、しっかり牛乳主張のフレッシュなまろやかチーズ
どんだけ食べても、くどくありませ~ん
パンだけで飽きるかなぁと思いきや、このパンがまたちょこっと酸味あって美味しい

あとはこれまたスイスの郷土料理
ブラートヴルスト(焼きソーセージにソースをかけたもの)とレシュティ(細切りじゃがいもをこんがり焼いたもの)@24スイスフラン
Cimg0312
Cimg0313
ソーセージがぷりぷり~お肉っぽい
じゃがいもはパリッパリ~

チーズフォンデュ一人前だけでも結構お腹がいっぱい状態だったので、相方にほとんど全部食べてもらっちゃいました
美味しい食事をいただいて、すっかり上機嫌な二人
(我ながら簡単なモノです;)
お会計は・・・@58.90スイスフランでした

この日、歩いたのは20,000歩
時間は5時間くらいかなぁ

ところで、翌日の天気は・・・かなり絶望的;;
レストランからの帰り道、すでに小雨が降ってきてしまいました
相方の脚の具合も心配だし、とりあえず朝起きて、お天気と相談しながらの一日になりそうです
さぁとりあえず今夜はゆっくり休んで、明日の朝、荷物を取りに駅へ行かなくっちゃ

スイス その10~9月18日(火)クライネ・シャイデック~ヴェンゲン

スイスの旅、続きです~

クライネ・シャイデックの駅
こちらはグリンデルワルトまでやヴェンゲンまで走る登山電車
Cimg0250
Cimg0251
真ん中にもう一本レールがありました~
きっとこのギザギザに噛み合わせながら、斜度を克服するんでしょう

そして、ココからはユングフラウへと向かう電車も出ています~
Cimg0257

Cimg0254
Cimg0256
今回は時間に限りがあり、どこに行くか選ばなきゃならない身だったので・・・
ユングフラウへの登山鉄道は断念

ここから、ヴェンゲンの街を目指します~
その前に・・・
Cimg0260
アイスクリーム
バニラとピスタチオ
Cimg0261
私はピスタチオを頼んだのですが、ミントがきつくって・・・
ミント好きの相方とチェンジしてもらっちゃいました
バニラアイス、美味し~い

さぁて、ヴェンゲンの駅を目指してGo
Cimg0262
登山電車の線路に沿って、歩いていきます~
ひたすら下りが続く道
Cimg0263
他にも歩いている人たちが・・・心強いなぁ
Cimg0264
だんだんと遠ざかっていくユングフラウ三山
Cimg0265
Cimg0266
名残惜しくって、ついつい何度も振り返ってしまいます~

ヴェンゲンとの間にある2つの駅の1つ目、ヴェンゲンアルプが見えてきました~
Cimg0269
Cimg0270
Cimg0271
時刻は13時30分
みなさん、のんびり電車を待っています~
電車はだいたい30分に1本

Cimg0273
あぁそろそろアイガー、メンヒとはお別れですね
お世話になりましたぁ
ついにユングフラウだけに・・・なっちゃいました
Cimg0275
後ろ髪はひかれますが、ヴェンゲン15:03発の電車を目指して、先を急ぎます~
そして、14時過ぎ・・・ヴェンゲンの街が見えてきました
Cimg0279
Cimg0281
Cimg0282
登山電車も走ってきます~
可愛いなぁ・・・おもちゃみたいです
Cimg0285
だんだんと街になってきました~
ハイカー注意の看板
Cimg0287
Cimg0286
どのおうちもお花がいっぱい~
色とりどりでとってもキレイでおしゃれ
Cimg0288
駅も見えてきましたよぉ~
そしてまさに14時55分、ついに到着です
Cimg0291
まだちょこっとだけユングフラウが見えますが・・・もうお別れですね;;
Cimg0292
Cimg0293
Cimg0295
Cimg0296
間に合って良かったぁ
実は相方のヒザが痛くなってきてしまい、最後の方は結構辛そうでした
しかも最後に行くにつれ、どんどん斜度が大きくなり、最後の1時間くらいはかなりの下り坂で・・・
むむむっ大丈夫かなぁ
場所が場所なだけに、かなり心配

とにもかくにも、これからこの日の宿ツェルマットへ向かいます~

スイス その9~9月18日(火)メンリッヒェン~クライネ・シャイデック

スイスの旅、続きです~

メンリッヒェンから出発すると、ユングフラウ三山を真正面に見ながらのご機嫌ハイキングが始まります
さっきまで上の方からは見えていたユングフラウが隠れてしまいました
Cimg0212
でも代わりに、アイガーとメンヒがどんどん近づいてきます~
Cimg0217
左を見やると・・・
Cimg0220
Cimg0223
Cimg0221
眼下に今朝までいた、グリンデルワルトの街が見えています
Cimg0227
アイガーの麓には、グリンデルワルト~クライネ・シャイデックを結ぶ登山電車の通り道が
Cimg0228
あ、ユングフラウがまた見えてきました 
Cimg0229
草紅葉、キレイです~
Cimg0231
この日もとっても良いお天気~
Cimg0232
アイガー北壁
こんな絶壁を登るなんて・・・想像を絶しますね

ふと上に目を向けると

Cimg0233_2
あれ~あんなトコに立て看板が!
Cimg0234
どうやらレストランの案内みたいです
・・・どこにあるんでしょう

Cimg0237
遠くにクライネ・シャイデック
近くにレストランが見えてきました

Cimg0238
ん~まだちょっと距離があるなぁ
Cimg0240
Cimg0241
レストランにちょこっとお邪魔しま~す
ショーケースにはルバーブタルト
あぁ惹かれます・・・でも先を急ぐ身なのでガマンガマン

クライネ・シャイデックに近づくにつれ、人口密度もUP
犬を連れた人もたくさんいらっしゃいます
Cimg0242
でもこちらの犬はとってもしつけがよくされているので、全然怖くありません

いよいよ三山がどど~んと目の前に立ちはだかります
Cimg0247

あ・・・停まってる車に漢字が・・・

Cimg0248
近づいて見てみると・・・
Cimg0249
「空手道」・・・ん~よくわからず・・・
でも盗まれたり、いたずらをされなさそう^^

そんなこんなで12時30分、クライネ・シャイデックに到着です~
Cimg0258

スイス その8~9月18日(火)メンリッヒェン⇔メンリッヒェンバーン

スイスの旅、続きです~

ロープウェイでたどりついたメンリッヒェンは、さすがの絶景~がぐるり

Cimg0172
左を見ても~

Cimg0169
右を見ても~
Cimg0175
さすが~一番、展望の良い場所にスイスの旗がはためいています

ちょっと端っこまで行って~
Cimg0170
下を覗き込んでみると
Cimg0171
ず~っと下の方に街が見えます
実はこれがこの日歩く、最終到着地点
ヴェンゲンになります
メンリッヒェンからはロープウェイですぐに行けるんですが、せっかくなので歩いてぐる~っと遠回りしちゃいます


ロープウェイの駅横にはなぜか遊具が・・・

Cimg0163

Cimg0165
ハンモックも~ここで寝たらとっても気持ち良さそう
Cimg0162
なんとホテルもありました~
ココに泊まったら・・・ん~考えただけで素敵^^

今日はここから、まずクライネ・シャイデックに向かいます
Cimg0181

・・・と思ったのですが、あまりに周りの景色が魅力的だったので、まずは反対方向へGoしてしまいました
Cimg0201_2
さっきのスイスの旗の向こうにも見えていた、ぽっこり高い丘(矢印↓)を目指します
Cimg0200
ロープウェイ駅からは25分くらいの寄り道

ひさびさの登りに、ぜ~ぜ~は~は~
息を切らせつつ、到着~
Cimg0183
ん~やっぱり絶景~

Cimg0188
さっきまでいたロープウェイ駅が、あんなに下に見えます~

Cimg0190
Cimg0191
遠くには湖も見えます
え~っと方角からいくと、トゥーン湖かなぁ
インターラーケン・ヴェストの近くにある湖です
Cimg0193
Cimg0195

ひとしきり景色を堪能したら、本ルートに戻ります~
Cimg0199
Cimg0206
ロープウェイの下をくぐって・・・
Cimg0208
いよいよクライネ・シャイデックへ向かいます~
時刻は、10時30分
だいぶゆっくりしちゃいました;
さぁてエンジンかけて行きますよぉ
ちなみに上の写真の奥に見える山々は、ユングフラウ三山
左:アイガー、中央:メンヒ、右:ユングフラウ

昨日はほとんどず~っと隠れていた、メンヒとユングフラウがついにお目見えです~

スイス その7~9月18日(火)グリンデルワルド~グルント~メンリッヒェン

スイスの旅、続きです~

前の日に写真を撮るのを忘れてたので、この日は朝食をパシャリ
Cimg0134
この日はチョコレートケーキもあったので、さっそくGET
Cimg0135
ストロベリーヨーグルト
甘さ控えめでとっても美味しい
Cimg0136
Cimg0137
Cimg0138
前日は日本人は私たちだけっぽかったのですが、ツアーの方が入ったみたいで、朝食会場にたくさんみえていました

この日はツェルマットへの移動日
途中、ハイキングをしながら移動するため、早々にチェックアウトを済ませて出発~
で!ココで再会を果たしました!!
『地球の歩き方』です~!!!

チェックアウトしてさようなら~ありがと~と出ようとしたら、相方が「あ゛・・・あれ」の言葉
指差すほうを見ると、フロント奥の棚にまさしく『地球の歩き方』が~

やっぱりフロントのカウンターに置きっぱなしだったみたいです
うるうる・・・もう二度と会えないかと思っていました

そんなこんなで感動の(?)再会を果たし、心強い味方を得た私たちは、グリンデルワルトの駅へ
覚えていらっしゃいますか~ファストバゲージ

“スイスの主要駅間で、朝9時までに預けた荷物を同日18時以降に受け取ることができるという優れもの”
これを使って、スーツケースだけ先にツェルマットへと送り出してしまうのです

窓口でスーツケースをお願いして、ホッと一息
今日の行程の一つ目、グルント行きのバスは8時16分発
少し時間があるので、まだ薄暗いグリンデルワルト駅と別れを惜しみます~
Cimg0139

Cimg0140
Cimg0141
Cimg0142
グリンデルワルトは山に囲まれた街なので、まだ山からの朝日を待っているところなのです~

さて、グルントにはバスで5分くらい
これもやっぱり町内バスのチケットでOK
グルントからロープウェイで、メンリッヒェンへ登ります~
Cimg0146
Cimg0147
Cimg0150
朝日がだんだんと山から下りてきます~
Cimg0153
ロープウェイの中は傷がたくさん・・・スキー用ですね~
Cimg0156
リコラが協賛しているみたいで、ロープウェイのチケットを買ったときも、1つずつもらいました
Cimg0158
ん~今日も良い天気~♪
Cimg0161
のんびり楽して、頂上駅に到着で~す
文明の利器、ばんざ~い☆ですねっ

スイス その6~9月17日(月)グリンデルワルトの夜

スイスの旅、続きです~

『地球の歩き方』が無くなった時は、もうどうしよ~ってあせりましたが、ちゃんと整備された標識に助けられ、目標どおりのルートを歩くことができました
歩行時間約7時間、30,000歩
でもゆったりとしたハイキングだったので、そんなに疲れもせず・・・絶景のおかげかもしれませんね

ここで、出会った数少ない植物たちを
ごめんなさい・・・名前は全然わかりませぬ~
Cimg0041_2
Cimg0042
Cimg0045
Cimg0048
Cimg0053
これはマツムシソウ・・・かな
Cimg0057
Cimg0096
Cimg0098
Cimg0122

さて、無事にバスに乗り込み、16時すぎにグリンデルワルトへ帰ってきました~
宿でちょっとのんびりして、まだ18時くらいですが夕食へ
この日はピザ
チーズが美味しいから、ピザもきっと・・・ということデス
ホテル シュピンネさんのレストランで
Cimg0127
メニューを見てもよくわかんないけど・・・
まぁ適当に~美味しそうなモノを

Cimg0128
欲張って、外のテラス席にしてもらいました~

Cimg0129
ん~上機嫌ですねぇ

Cimg0130
ピザ カルボナーラ 21スイスフラン
ベーコンが美味しい~
かなりボリュームがあって、食べ応えがあります

Cimg0131
クワトロ フロマージュ 19スイスフラン
4種類のチーズ
ブルーチーズがよく効いてます
やっぱりチーズ、美味しいなぁ

Cimg0132
テラス席がどんどん寒くなってきたので、トマトスープ
(9スイスフラン)を・・・
スパイスが効いたしっかり味で、温まります

Cimg0133
オリーブオイル(ハーブ入り&唐辛子入り)も

とっても美味しかったのですが、テラス席は・・・寒かった~
でも夕日に染まっていく山を眺めながらの夕食、贅沢ですねっ

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »