« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

はいふう その3

名残を惜しみつつ、はいふうさんを11時に出発~その後、伊勢神宮に立ち寄りました
(え~っと・・・タイトル替えるべきだったかもしれませんね)

伊勢神宮へは、やっぱり五十鈴川駅で降りて、そこからてくてく歩きます
宇治山田からバスに乗るよりも、こっちの方が好きです

おはらい町はかなりの混雑っぷりでびっくり~
まるで初詣のような人出です
一月末の駆け込み初詣かなぁ?
でも、意外にも伊勢神宮自体は、そんなに混雑していませんでした

191
190
宮川、水がとっても綺麗です~

そしてこの日はなんと!
193
お馬さんがいました
なかなか会えないんですよね~
白くっておとなしくって、とっても可愛いのです

194
だいぶ人が並んでましたが、ちゃんと赤福も・・・いただきました
できたてほやほや~やっぱり美味しいのです

はいふう その2

はいふうさんでは、もちろんご飯も美味しかったです~

夜ご飯は18時から始まって・・・ちゃんと、一品ずつ出てきます
ほんとはもっと時間がかかるみたいでしたが、20時からヘッドスパをお願いしてあったので、急ぎ気味に出してくださいました

174
食前酒
やっぱりアジアンチック

175
甘鯛カダイフ揚げ アンディーブの海鮮カナッペ 菜の花マスタードソース

176
お造り 伊勢海老、横輪鮪、志摩産法ホラ貝
本日の地魚お好み2品(鯛とブリを選びました)

177
178
的矢湾のクラムチャウダー パイ包み焼き

179
大粒的矢かきのニンニク蒸し

180
牛ロースステーキ ポテトグラタン添え

181 182
あのりふぐちり鍋

183
ふぐ雑炊

184 185
デザートとコーヒー

海の幸、満載です
うわぁお腹いっぱ~い

この後、ヘッドスパへ・・・
本格的なヘッドスパは初めてでしたが、とっても気持ちよかったです~
しかも髪がつっやつや~で、するるん
手触りが全然違うんですっ
デコルテや肩のマッサージも入っていて、全然強い力でやってる風ではなかったのですが、すっかり軽くなったのは・・・やっぱり技術が違うんですね
終わった後「とってもこってましたねぇ」とのコメント
・・・すみません、よく言われます
自宅に帰った後、相方にいつもの肩と全然違う!!柔らかいって驚かれました
また、名古屋でも行ってみたいなぁ

翌朝はバイキング
お天気が良かったので、朝日がさんさんと窓から差し込んできます
海がキラキラしてて、とってもきれい~

186 187
えっとちょっと控えめにしておきました(これで?!)
温泉粥や漁師汁やあおさのりや・・・これまたやっぱり美味しかったです~

温泉に入りまくって、よく食べて、スパもして・・・
むっちゃご褒美旅行でした

はいふう その1

1月28日(土)~29日(日)、はいふうさんに行ってきました~
三重県の渡鹿野(わたかの)島にあるアジアンな宿です
友人と口コミがとっても良いので、前から「気になるね~」って言ってたのですが、ついに宿泊が実現
(なお、この辺りが地元の母によると、昔は曰くがあった島そうで・・・えっ!あの島に行くの?って反応をされました;)

今回も電車の旅・・・近鉄で、鵜方まで行きます
実家はすぐそばですが、今回は友人と遊びに来たので立ち寄らず
「島」なので、宿へは船で渡りま~す
166
結構大きな船なので、全然揺れません
安定感バツグン

167
島までは3分くらいで、すぐ着きま~す
ホテルがたくさん見えています
(っていうか、出発時点から見えてました)

到着~
ホテルの中は、ほんとにアジアン(バリ島みたい)な雰囲気で統一されています
お香の香りが異世界って感じ~
ジャスミンティとロータスのカラメルクッキーでお出迎えいただきました
そしてお部屋へ・・・
171
172
うわ~広っ
イスやテーブルもアジアンチックに藤製になっています
そして・・・
169
露天風呂も広~い
余裕で二人、入れちゃいますね~
しかも・・・
168
むっちゃオーシャンビュー
東向きなので、翌朝撮ると・・・
188
左が船が着いた桟橋(反射で光ってしまってます;)
189
海面がキラキラ光ってます(反射で・・・その2)

チェックイン可能な15時すぎに到着して、翌朝チェックアウトぎりぎりの11時まで、た~っぷり満喫
すっかりお世話になってしまいました~

はいふうさんのHP
http://www.hai-fu.jp/

おうちごはん(2012.1.26~ネギ豚のサラダ菜包み)

また一段と寒くなりました~
今夜のおうちごはんです

159
里芋の煮物がようやく無くなりました(どんだけたくさん煮たんだぁ)

163
ほんとは鍋とかにしようかと思いましたが、一番アシが早そうなサラダ菜を食べたいなぁということで・・・

161
豚肉を細かく切って、実家のすっごく太い下仁田ネギと一緒に炒めました(ほんとに太くて肉厚・・・しかも甘~い)
にんにく醤油(実家のにんにくで作成、冷蔵庫に大量常備)とにんにくのみじん切りでちょっと濃い目に味付け
鷹のつめも入ってま~す

162
かぼちゃサラダ 生玉ねぎのスライス入り
こちらもクレイジーソルトとオリーブオイルで、ちょっと気持ち濃い目に味付け

で・・・食べる時に
164
165
サラダ菜に巻いて食べました
うん、サラダ菜がモリモリたべれちゃいますね~

160
柚子こしょうでお吸い物風
いっつも柚子こしょう入れすぎて、辛くなっちゃいます

どっちかというといつも薄味になってしまいます
なかなか思い切って塩が入れられないんですよねぇ

おうちごはん(2012.1.25~サバの醤油煮)

今夜のおうちごはんで~す

156
自分が食べたときは撮り忘れましたが、相方が食べるときに撮りました
いつも相方を待たずに、さっさと食べてしまいます
相方が帰るのは・・・早くて20時30分くらい、遅いと23時近いときも
初めは待ってたりしたのですが、美容(?)のためとお腹が空くと精神的に良くない(?)ので、遠慮なくお先に~

副菜2品は、昨日作った残りなので、今日も珍しく一汁三菜です

157
サバの煮物
豆板醤を入れたら辛すぎたので、しょうがを大量に入れてごまかしました
水は入れないで、お酒で調味料をのばして、スプーンで上から煮汁をかけながら煮ました
煮過ぎると硬くなっちゃうんですよねぇ
舞茸も入れて、火が通ったら放置して、味をしみ込ませます~煮物の味は、冷めるときにしみ込むって聞きました
付け合せは実家からのブロッコリーです
スティックブロッコリー
スティック状に小房に分かれているので、使いやす~い

158
酒かす入り味噌汁
寒いから暖まらなくっちゃ~
入ってるほうれん草は実家から来た、ちぢみほうれん草です~
肉厚で甘みがあって、美味しいのだ
・・・ほんと、いろんな野菜に挑戦するなぁ
酒かすは年末に行った高山で購入
醸造アルコールとやらが入っていない、良いものだそうです(相方のウケウリ)
銘柄は・・・なんだったかなぁ

辛味と酒かすで暖まろう作戦~
明日は名古屋も雪の予報です

おうちごはん(2012.1.24~焼肉のサラダ菜包み)

こないだから、お家で作るご飯を乗せてみようと試みています
が、これがなかなか・・・
たいてい、写真を撮らずに食べ始めてしまいます
これはブログを書き始めたとき、そとごはんに対してやってしまっていたことと同じ
やっぱり食い気>>>写真・・・なんですよね~

そんな中、今日は撮影に成功しました~
昨夜、実家から大量に届いた野菜たちを活用
152
めずらしく、一汁三菜です~

154
豚肩ロース(一番好き)の焼肉
実家からのサラダ菜をこれでもかと敷き詰めました

153
・・・スープ皿に入れれば良かった
実家のセロリ大量とニンジン、豆腐のスープ
セロリって結構味がキツイですが、なぜか実家のセロリは甘くてやわらか~い
ほんとはこういうものなのかなぁって考えさせられます
香味野菜なので、味付けはごく薄味

155
これが一番大量に入っていた実家の里芋の煮物
普通に小ダンボール一箱くらいありました
(クロネコヤマトさん、ごめんなさい~)
煮汁は・・・一昨日のブリ大根の残ったおつゆ
なので、ダシ効いてます~
それと、ネギの酢味噌和え

ビタミンとって、風邪ひかないようにしましょうね~っっ

メゾン・カイザー

1月22日(日)、メゾン・カイザーさんに行ってきました~
池下にあるパン屋さんです
お天気も良かったので、久々に家からてくてく歩いて行きました

ランチタイム(11:00~14:00)だったので、やっぱり頼むのはこれ
サラダランチ@950
146
この日のサラダはハムサラダでした
ハム美味しいなぁ
あとサラダのドレッシングも美味しいんです
147
パンの盛り合わせ
バケットやっぱり美味しい
ガレット・デ・ロアまで入ってて、季節を感じます

天気のよい日は、カイザーさんのテラスで日向ぼっこしながらランチ・・・が最高~です

メゾン・カイザーさん(食べログ)
r.tabelog.com/aichi/A2301/A230106/23004747/

お・ま・け
この日の夕食
148
彩りが悪いなぁ
149
151
天然ぶりのあらが美味しそうだったので、ブリ大根にしました
結構身がたっぷりのぶりだったので、身をほぐして、もうちょっと味をつけてご飯の上に・・・う~たまらない
行儀悪く、ご飯とぐちゃぐちゃにかき混ぜるとまた一段とGood
ネギをのっければ良かったなぁ
大根もしみしみ~
150
生の茎わかめがこれまた美味しそうだったので、にんじんと油揚げと一緒に炒め煮
歯ごたえが良いのです
日本人って感じ~

てっぺん

1月21日(土)、てっぺんさんに行ってきました~
北区にあるラーメン屋さんです

先週、お昼時に行ったら、外に行列が出来ていて断念したので、さっそくのリベンジ
夜の営業時間に合わせて行ってきました
18時30分前に到着~全然、並んでなくって、店内も4人くらい
あ~よかったぁ

食券を買って、さっそく「ニンニクは入れても大丈夫ですか?」「はい、大丈夫です」
のやり取りを終えて、席へ

私の台湾まぜそば 卵黄ダブル@800
144
だって、こないだ美味しかったんですもん(保守派)
結構な辛味で、にんにくとにらとネギがた~っぷり
ちょっと塩辛すぎなんだけど・・・やっぱり美味しいです
風邪によく効きそう

相方は新しい試み まぜそば@800
145
チャーシューがゴ~ロゴロで食べ応え有
胡椒がよく効いていて、ピリッと美味しかったそうです
台湾まぜそばよりもダシの味がよくわかって、こちらの方が好きだとか・・・
ん~次回は私も食べてみようっと

てっぺんさん(食べログ)
http://r.tabelog.com/aichi/A2301/A230113/23038176/

お・ま・け
この日の朝食は、私が材料を切って、相方が作るパスタ
休日の定番ですが、いろいろアレンジが加わります・・・
142
実家から大量に送られてきて、一向に減らないうるめいわしの干物を刻んで入れるという暴挙に出ました
(もちろん相方のアイディア・・・右下に頭が見えています)
でも、へしこ(あんちょび?)風でダシ代わりにぴ~ったり
なかなかいけました(相方いわく85点)

そして、昼食は・・・なんだろ~
143
カレーリゾット(かな?)
カレールーが中途半端に残っていたので、リゾットにしてみました
上に乗せたスライスチーズがいい仕事をしてくれました

錦城

1月15日(日)、錦城さんに行ってきました~
春日井にある坦々麺やさんです

本当は、てっぺんさんにまぜそばを食べに行こうと向かったのですが、13時30分くらいだったのにお店の前には行列~
あえなく断念して、ランチ難民になってしまいました
麺モードに入っていたので、15時までやっている貴重な錦城さんに向かうことに
駐車場が整備されて、私でも停めやすくなったんですよぉ

まぜそば=こってり系の気分だったので、禁断(?)の坦々麺スープ茶漬けセット@880
140
坦々麺と~
141
お茶漬けセット

坦々麺を食べ終わった後、残ったスープをご飯にかけ、薬味を入れ、食~べる
というわけです
間違いなく、スープも全部飲み干すことになる、危険な食べ物・・・

でも~っ
これが美味しいのですよぉ
もともと坦々麺が美味しいので、スープも間違いない味
胡麻がよく効いていますが、そんなに辛くも油っこくもないんです
薬味で添えられたピクルスっぽい野菜を入れると、よりさっぱり感が
どう見てもご飯の量が多すぎなので、相方の茶碗に少々移動

ん~お腹いっぱい~
身体に悪いものは美味しいなぁ

錦城さん(食べログ)
http://r.tabelog.com/aichi/A2303/A230301/23004772/

ピエールプレシュウズ

1月14日(土)、カルナータカーさんの後、ピエールプレシュウズさんに行きました~
長久手のケーキ屋さんです
だって・・・ねぇ、ちょこっと裏に行くだけなんですもの~
ここまで来て、寄らない訳にはいかないですよねっ

この日はなぜかすっごく空いていました
時間は12時45分くらい
まぁお昼時間だからかなぁ
1組しかいない店内イートイン
お1人で優雅に本を見ながら、召し上がっていらっしゃいます
う~ん素敵~この光景、久々に見ました
(結局、その後すぐに、ほぼ満席近くまで埋まっちゃいました)

135
私は初のシュルプリーズ・ショコラ・キャラメル
添えるアイスが選べます~赤い実のアイス

あとはカフェ
136
ポットでたっぷり出てきて、2杯分くらい入ってます

137
138
スプーンを入れると、中からとろりとキャラメルソースが・・・
とっても濃厚でしっとりほろにがのガトーショコラ
ちょっと酸味のある赤い実のアイスとよく合います
これまた食べ応えありますね~
でもココのケーキの特徴でもあるとおり、甘さ控えめなので、くどさもなく食べきっちゃいました

冬はチョコレートが美味しいですよね~

ピエール・プレシュウズさんのHP
http://www.pierre-p.com/

カルナータカー

1月14日(土)、カルナータカーさんに行ってきました~
長久手にある南インド料理やさんです

どこかでランチを食べようってことで、広小路を東へ東へと走らせていると・・・
あっそうだ、この通り沿いにカルナータカーさんがあるんだった
レンタルビデオ店の駐車場にこじんまりと、移動販売車の屋台状態で営業されています

なんだか店頭に大きな写真が付いた布が張られて、以前来た時よりも充実した外装~
前回がまだ暑い夏だったからかなぁ
他にお客さんもいなかったので、2人制限のイートインスペースにていただくことにしました

注文はやっぱりマサラドーサ@600
今回はちゃんと忘れずに写真を撮りましたっ
134
カリーを2種類、選びます
迷いすぎてとても選べないので、やっぱりお・ま・か・せ
相方の分と合わせて4種類
私の方はひよこ豆のカリーと野菜のカリー

マサラドーサ(一番上)は、クレープ状の生地につぶしたじゃがいもが入っています
周囲はパリッとしっかり焼かれていて、内側はもっちりな食感で、美味しいのです
カリーもスパイスが複雑に絡み合ってて・・・やっぱり違~う
でもでも、一番好きなのが、ココナッツのチャツネ
これがほんとうに美味しいのです
もうこれだけでパンとかと食べちゃいたいくらい
味は・・・私の語彙では表現できませぬ
ぜひ、食べてみてください

料理は持ち帰りもできます
私たちが来た後に続々とご家族連れが来店され、大忙しになっていました
カリーが選べな~いっていう人でも安心、味見をさせてくださっていました
(私なら、余計に迷いが深まってしまいそうです)

ここでの営業は3月までで、その後はちゃんとお店を構えようかと思ってるとおっしゃってました
定食(ミールス)を始められたのだけど、やっぱり揚げ物とかいろんなメニューを作ろうとすると、それなりの設備が必要だから・・・とのこと
お料理を作ること、お料理を伝えること、人と触れ合うこと
いろんなことに対する真摯な感じが、とっても素敵な店主さんです

3月までかぁ
もっとご近所に来てくださると言う事無いんだけど・・・わかんないから
また、行かなくっちゃ~

カルナータカーさんのHP
http://masaladosa.jp/index.html

ル・タン・ペルデュ

1月12日(木)、ル・タン・ペルデュさんに行ってきました~
月イチのグルメ会、またまたフレンチ
伏見にあるお店なんですが・・・場所が・・・
全然わからなくって、お店の方に探しに来ていただいてしまいました

コースは@5,250
前菜とメインとデザートを選びます
メニューを見ると・・・聞きなれないカタカナばかりでまったく想像もつきません
こんな不慣れな私たちを相手してくださるのは、さきほど探しに来てくださったとっても優しげな女性の方
ちゃんと丁寧に一品ずつ説明をしてくださるので、大丈夫~安心なのです

スナック
139
木の丸いお皿の上にパイとシュー
同系色でまとめられていて、おっしゃれ~
もう最初っからテンションが上がってきちゃいました
どっちも甘いわけじゃなくて、塩味が効いたもの

口取り
115
今度は黒の正方形のお皿
左の棒状サーモンクリームがつめてあり、右も上にサーモンなどなどが乗ってて、サーモン尽くし
どっちもぱりぱりっ&さくさくっ

小さな前菜
117
フォアグラのクレームブリュレの上にジャガイモのアイスとほうれん草スプレー
1つ1つ食べても美味しいんですけど、一緒に食べるとこのコラボ、ますます美味し~い

前菜
129
ここから、選んだのは・・・ブータンノワールのオペラ
ブータンノワールは血入りのソーセージっていうのだけ聞いたことがありましたが、食べたことも無く、おまけにオペラって・・・甘いケーキじゃないんですよねぇ
118
120
こちらです!すっごいキレイ~
ほんとにオペラみたいな見事な層です
下からブリオッシュ→ブータンノワール→フォアグラ→リンゴとか煮つめたもの→繰り返す→一番上にはバルサミコ
で、こんなキレイな層が作られているそうです
周りに他のお客さんがいないのを良いことに、分解してそれぞれを味わってみて、さらに一緒に味わって・・・
ケーキみたいに甘いものじゃないですよぉってお話でしたが、甘~いのです
っていってももちろん、砂糖の甘みじゃなくて、たぶんリンゴ・・・いや、なんでしょう
いろんな食材が合わさって、コクのある濃厚な甘みになっているって感じです

一緒にバケットが出てきました
121
122
ぱりっぱりの皮が香ばしくて美味しい
別添えの無塩バターと岩塩を付けても、う~ん美味しい
後で、一緒に行った子がどこのパンなのかお尋ねすると、グルマンさんから焼き立てを届けてもらっているそうです
長者町すぐそこですもんね

メイン
130
これも悩みました・・・
で選んだのは、国産牛ほほ肉のドーブ マカロニのタンバル
123
124
どど~んって気分です
この照り・・・たまりません
なんだかまるでチョコレートケーキみたいな艶
このワインがよく効いたソースが、ほんっとに美味しかったぁ
お肉ももうとっろとろ~
下にひいてあるマカロニにもフォアグラが詰まっていて、食べ応えバツグン
125
別皿でもう一品
一緒に味わうってことなんですよね
きんぴらっぽい味付けのごぼう
えっ?って思いましたが、これが不思議によく合います
お肉でどど~んとなったところ、合間にこれをいただくとさっぱり爽やか
ともすればくどくなってしまいそうなくらいの、濃厚なソースとお肉がど~んどんいただけます

こちらにもまたまたバケットが
127
右側が追加されたもの
わざわざ前菜とメインでバケットを分けていらっしゃるんだそうです
それぞれとのコラボを大切にしてるんですって
こちらはシニフィアンシニフィエさんのもので、焼き立てを冷凍したものを、焼き戻されているとのこと
こちらをメインと一緒に出されているのは、天然酵母で酸味が効いててさっぱりいただけるから・・・このこだわりすっごいなぁ

デザート
128
ババ オ ラム
131
思ってたよりも大きくてびっくり
出てきてからさらに、上からラム酒をた~っぷりかけてくださいます
のっているのはバニラアイス
甘さ控えめ
ラム酒といっしょに柑橘系のジュースもたっぷりしみこんでいて、意外にさっぱりいただけるので、こんなに大きかったのに結局ペロッといただいちゃいました

132
133
小菓子
右がギモーブ
フルーツの酸味が効いた爽やかだけど濃い味わい
食感がもち~っとしててマシュマロじゃないみたい
左はマカロン
カリカリッとしてます~こちらもマカロンでこの食感は初めてでした

ル・タン・ペルデュさん・・・どの一品も思いがこもっていて、工夫がこらされてて、しかも美味しすぎ~
他の料理も食べてみたいので、またうかがわなくっちゃ~今度は迷わずに行きますねっ

コスモノート

連休最終日、1月9日(祝月)、コスモノートさんに行ってきました~
本山にあるカフェです
だいぶ前に買った、チューポンのチケット
ガレットと紅茶のセット@1,200→@600
を使って、優雅なティータイムを過ごしてきました

店内はこじんまりとしてますが、とっても雰囲気がある素敵な空間
外国に来たみたいでもあり、でも日本の古民家みたいな感じもしてしまう
すごくこだわりを持って、作られたんだろうなぁ

112
テオドーの紅茶
お店のイチオシっぽく、貴重なものみたいだったので、紅茶にしました
フレーバーティが主みたいですね
いろんな種類があって迷ってしまう~
アールグレイ・ロイヤルをお願いしました
注いだ瞬間から、ベルガモットの香りが漂います
う~ん贅沢な気分

113
114
そしてガレット
上に乗ってるのはクリームチーズとシャンパンジャム
シャンパンジャム、美味しいですね~
でも、この組み合わせだとクリームチーズに負けてしまって、ちょっともったいない感じで
せっせと分離させて、いただいちゃいました
クリームチーズもこれまた、しっかりした濃厚な味のものだからですね

コスモノートさん(食べログ)
http://r.tabelog.com/aichi/A2301/A230107/23039220/

おまけ

この日の朝食
111
トリコロールカラーのパスタがあったので、買ってきたものです
(写真では色が悪くなっちゃいました)
かぼちゃとじゃがいもを使った、牛乳ベースのスープパスタ
・・・の予定が、カボチャがほくほく系すぎて水分を吸いまくって、スープじゃない普通のパスタになりました

リニア・鉄道館

1月8日(日)、リニア・鉄道館に行ってきました~

昨年の3月にできて以来、だいぶ時間が経ったので、そろそろ空いてるかなぁ
冬休みで三連休なのが微妙なところだけど
せっかくなので、初あおなみ線ででかけることにしました
名古屋駅での乗り換え・・・地下鉄からだとすっごく遠いですね
新幹線からさらに奥
駅でこんなところまで来たのは初めてです~

あおなみ線は窓が広くって、よく外の景色が見えます
そして、カーテンなどのさえぎるものが無いので、夏場は暑そう
あんまり人が乗っていないイメージだったのですが、リニア・鉄道館のおかげか意外と席は埋まっていました

そして、金城ふ頭駅に到着~
この日はよく晴れていたので、名港トリトンがきれいに見えます
109

リニア・鉄道館は駅のすぐそばにあります
着くと・・・結構、人がいますね~
ん~まだ人気があるんだなぁ
ただ、特に並んでしまうとか見えないってほどではないので、こんなもんでしょうか
たくさん並んでいる電車の車両たちをテクテク歩きながら見て回ります

でもでも私が見たかったのは、コレ
ジオラマ~
105
富士山の麓にある高架部分に、ドクターイエローが走ってたので、大急ぎでぱしゃり
104
富士ロックフェスティバル
一人ひとり、ちゃんと細かく作りこまれてるんですよぉ
すっご~い
106
伊勢・奈良・京都のコラボ!?
108
夜の東京
スカイツリーもいらっしゃいました

30分ごとに部屋に入場させる方式で、その間は自由に見て回れます
でも・・・時間が足りな~い
いろいろ作りこまれているので、ず~っと見てても飽きません

初めとっても混んで並んでいたので見れないかなぁっと思ってたのですが(あんまり長時間並ぶのがイヤなので)、時間が夕方になるにつれ空いてきたので、10分ほど待つだけで見れました
・・・あれ、今見ると電車の写真、まったく撮ってなかったですねぇ

でも帰り道では、あおなみ線の運転手席の後ろに立って、ず~っと運転席からのながめを堪能しましたよぉ
110
でもでもやっぱり撮ってしまうのはトリトン~

すぐに飽きてしまって、ファニチャードームに行くかなぁと思いきや、かなり楽しませていただきました
特に子ども連れにはたまらないスポットですよね~
お弁当を持参しても、外に電車の車両が開放されてるので、中で電車の旅気分でゆっくり食べられるのもうれしいかな

リニア・鉄道館さんのHP
http://museum.jr-central.co.jp/

ル・プレジール・デュ・パン

1月7日(土)、ル・プレジール・デュ・パンさんに行ってきました~
東山公園にあるパン屋さんです

何度か、モーニングには伺っていましたが、初ランチ
13時ごろに到着すると、店内は満席状態
わ~人気が出てきているんだぁやっぱり美味しいですもんね
店頭で少し待たせていただきました
その間にもランチに来たっぽい人が、満席なのを見て帰られていました
ご近所さんかなぁ・・・近くにこんなお店があったら、優雅な休日ランチに来ちゃいますよね~

席が空いたところで、まずは先に注文&お会計
私はキッシュセット@900、相方はサンドイッチセット@950
いずれもスープ・パン・グリーンサラダ・本日のお惣菜・ミニデザート・コーヒーor紅茶が付いてきます

097
大根のスープとパン(3種)
大根のスープって初めていただきました
さすが旬なだけあって、優しい甘み・・・大根の味もしっかり感じられます
そして、パンもやっぱり美味しいなぁ
噛めば噛むほど味わい深いです

098
私のキッシュランチ
手前はレンズマメを使ったお惣菜でした
ケークサレ(右上)もちょこっと付いてきます
キッシュはベーコンや玉ねぎなどが入った素朴な味わい、美味しかったです

099
相方のサンドイッチランチ
サンドイッチは好きなものを選べます~これはチキンのサンドイッチ
やっぱりパンが美味しかったそうです

100
101
コーヒーと洋ナシのタルト
コーヒーはたっぷり~です
キレイにスライスが並んだ洋ナシ・・・ん~スゴイなぁ

ル・プレジール・デュ・パンさんのHP
http://www.leplaisir-dupain.com/index.html

初詣

   明けましておめでとうございます
 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

12月30日(金)、伊勢神宮に初詣に行ってきました~
えっ?まだ年が明けていないですって?

そうなんですよね~毎年、実家に帰省する ついで時にお参りに行くのですが、伊勢神宮と言えば、ご存知、大変な初詣客
そこでいつもフライングで、年末に初詣に行くのです
年末といっても、かなりな人出なんですよぉ

090
階段の下からだけぱしゃりと・・・
年明けにはこの階段が人で埋まっちゃうんですから、怖すぎですね~

ゆっくりとお参りをした後は、おはらい町でお昼ご飯
思ったよりは空いていたので、お気に入りの手こね寿司があるすし久さんへ行きました
091
093
梅手こね寿司@1,050
鰹のねっとりした感じと生姜がよく効いた酢飯が好み
あおさの味噌汁も風味豊かで美味しいのです

すし久さん(食べログ)
http://r.tabelog.com/mie/A2403/A240301/24000007/

名古屋に戻ってきて、1月3日(火)、これまた大須観音に初詣に行ってきました~
10時30分ごろ大須に到着して、さっそくチェザリさんで朝ピッツアしちゃいました
10時開店なので、さすがに注文待ちは1組
でも、焼けるのを待っている人たちで、いっぱい
食べて外に出るときには、外まで行列が出来ていました・・・やっぱり人気なんですね
095
094
マルゲリータ エクストラ STG @850
モチモチで香ばしい生地が、ほんっとやっぱり美味し~い
トマトソースもモッツァレラもフレッシュな感じで、生バジルがまた良いアクセント
ん~朝からペロッと一枚いっちゃいました

チェザリさんのHP
http://www.solopizza.jp/

そして大須観音へ・・・と言いたいところなのですが、あまりにたくさんのお参りの人・人・人・・・
根性なしのため、外から手を合わせて、お参りを終わらせてしまいました
いや~こんなに人がいっぱいだとは~
名古屋をなめてはいけませんでしたね

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »