« スイート・オブ・オレゴン | トップページ | 富山ブラック »

ハングル・タイガー

9月9日金曜日、ハングル・タイガーさんに行ってきました~
月イチのグルメ会です

今回は「美味しいサムゲタンが食べたい」という私のワガママにより、韓国料理のお店
ず~っとまえに韓国に行った時に食べたサムゲタンが、と~っても美味しかったのですが、日本に帰ってきてから何度か食べたサムゲタン、どれも全然違う・・・
イマイチとかじゃなくって、全然違うんですよねぇ

アラカルトで注文しました
う~ん迷います

まずはナムルバーMサイズ
ナムルをビュッフェ形式で好きなだけ盛ります
137
一皿渡されて、一回だけしか盛れないので、みんなこんな状態になります
豆もやし、ゴーヤ、さつまいも、なす、エリンギ、しめじ、ブロッコリー、パプリカなどなど・・・
いろんな野菜が使われた、いろんなナムルが並んでいて、とっても身体に良さそう
オススメです、がんばって盛りまくりましょう

139
コーン茶
香ばしい香りに癒されます

140
そして問題のサムゲタン@1,080
・・・やっぱり違う
丸鶏じゃないし、もち米じゃないし、朝鮮人参とかなつめとかはいってないし・・・
まぁこの値段で多くを求める方が間違っています
でも具も全然入っていなかったり、ちょっと鶏臭さがあって、さめると余計に飲みづらかったので、かなり残念なサムゲタンになっていました
せめて、濃厚チキンスープって呼んで欲しいなぁ

141
エビのチャプチェ@930
春雨が入った炒め物
ピリ辛で春雨にもちゃんと味がしみてて、美味しかったです

142
いかのちぢみ@980
色んな種類のちぢみがありましたが、保守派なので定番で
カリッと焼きあがっています
143
添えられた青唐辛子のソースがかなり辛い
でもちぢみが甘めなので、それが良い感じに合っていました
いかもしっかり入っています

ここまで来て結構、おなかいっぱい
で、デザート

144
冷たい抹茶ミルクとバナナフロート@680
ほんとは杏仁豆腐かかぼちゃ汁粉が良かったのだけど、どちらも品切れ
抹茶バナナのフローズンで、後味さっぱり

サムゲタンは悲しかったけど、他は美味しかったです
これだけ頼んでも@3,000もいかなかったので、リーズナブルかな
女の子主体の飲み会がたくさん入っていたので、かなりにぎやかで静かに会話を楽しむにはほど遠いけど、店内もキレイだし良い感じでした

どなたか美味しいサムゲタンが食べられるお店、知りませんか~?
・・・韓国に行けば良いってことかもしれませんが・・・

ハングル・タイガー(食べログ)
http://r.tabelog.com/aichi/A2301/A230103/23005492/

« スイート・オブ・オレゴン | トップページ | 富山ブラック »

10 その他ぐるめ」カテゴリの記事

コメント

韓国料理って、私自身はほとんど馴染みがありません (>_<)!
ビビンバやキムチ、ナムルは食べたことありますが、他は (^_^;;!
サムゲタン、チャプチェ、ちぢみ・・・名前だけしか知らないです。近所のスーパーで”冷凍ちぢみ”が売られていますが、まだ買ったことがありません。

現地の味と同じものを求めるのは、無理なのかもしれませんネ!
我々日本人の味覚と違うでしょうから、どうしても多少のアレンジが加えられたり、手に入る食材にもよるでしょうし・・・。
私も日本でインド料理(カリー)やネパール料理の店へ何度か行っています。経営者もコックも来日している現地の人なのですが、日本人好みの味にアレンジしています。でも、仕方がないような気がします。

慕辺未行さま

コメントありがとうございます~happy01
日本向けになっちゃうのは仕方ないんですよね~きっと
でも他のメニューは結構これはこれでアリって思うんですが、どこのお店でもサムゲタンは「?」って感じなんですよねぇthink
なんだか丸鶏にもち米や高麗人参・なつめ・松の実などの漢方を詰めこんで、スープでことこと煮込みまくればそれでできちゃう気がするんですが・・・違うのかなぁsign02
それとも時間はかかりそうなので、手軽に作って鶏スープ状態になっちゃうのかもしれません
韓国料理はどれも美味しかったです~韓国、また行きたいなぁairplanenotes
ちぢみは自分で作っても、美味しいですよぉ~お好み焼きと同じ感じです

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/454787/41611952

この記事へのトラックバック一覧です: ハングル・タイガー:

« スイート・オブ・オレゴン | トップページ | 富山ブラック »