« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

立山黒部アルペンルート

8月27日(土)~28日(日)、立山黒部アルペンルートに行ってきました~
といっても母と二人で一緒に、らくちんバスツアー
泊まりのバスツアー、初挑戦です

やっぱりバスツアーならではの、強行日程
7時15分に名駅に集合した後、まずは宇奈月へ向かいます
一日目メインの黒部峡谷のトロッコ列車に往復乗車~
さっすが夏休みの最終土日
かなりの混雑っぷりでした
トロッコもほぼ満席です~
115
到着駅の欅平でちょこっとだけ自由行動
ちゃっかり足湯にも浸かりました(一瞬)
116
途中の水の色が神秘的な翠色
・・・トロッコの車窓(って言っても窓は無いですが)から撮ったので、ブレまくり

ココから北陸自動車道を糸魚川まで北上し、栂池高原まで南下、ペンションで宿泊です
嬉しいことに、ちゃんと温泉でした

二日目は、8時に宿を出発~信濃大町へ向かい、今回の目的である立山黒部アルペンルートの東側玄関口、扇沢駅から入ります
まずは関電トロリーバスに乗って、黒部ダムへ
118
流れてま~す
124
ダムの上をテクテク歩いて移動します
122
キレイな虹が見えました
121
放流の逆側は黒部湖です

黒部湖からは黒部ケーブルカー、立山ロープウェイと乗り継いで、大観峰に到着
126
北アルプスの山々がよく見えます
天気予報は微妙で、雲も多いですが、晴れてて良かったのだぁ

続いて立山トンネルトロリーバスに乗ると・・・室堂へ到着~
陽射しはキツいですが、やっぱり涼し~い
15℃位です
上着を持ってきて正解でした
127
128
あら残念~雄山はてっぺんが雲の中です

ココで2時間弱のフリータイム
みくりが池のそばでお弁当を食べて、池の周りをくるっと周遊して、一番雄山に近いところまで来ると・・・
132
雄山も顔を出してくれました~
ん~っサイコ~です~

高山植物も咲いていました
129
大好きなチングルマ
130
ほわほわっとしてて可愛い~のです

散策時間の終了後は、高原バスに乗って美女平へ
途中、称名滝が見えるところで停車してくれるのですが、霧がスゴくなってきてしまったためパス
あの室堂の良い天気がウソの様です
立山ケーブルカーで立山駅へ
ココでバスにピックアップしてもらいました

そして名古屋駅に向けて、一路帰途へ
二日目は約500kmも走行されたそうです

意外に渋滞もひどくなくて、20時には名古屋駅に到着~
母が久しぶりに味噌煮込みが食べたいと所望されたので、山本屋さんで夕ご飯
盛りだくさんの二日間でした
自由は利かないですけど、忙しくて予定も考えられない時なんかは、バスツアーもお手軽で良いですね~

てっぺん

21日、日曜日、てっぺんさんに行ってきました~
北区にあるラーメン家さんです
職場で、中川区の超有名店「はなび」さんに行きたいんだけど、むっちゃ混みなんだよね~と言ったら、こっちも同じ味だよとご教示いただいたお店です

13:30頃に到着すると、お店の前には2組
食券を購入してから、待ちます~
やっぱりコレですよね、「台湾まぜそば W卵黄」@800
チケットを渡すと「ニンニク入れてもOKですか?」と聞かれますが、もちろん覚悟済み
入り口のところに、22日から春日井店が開店の張り紙が・・・繁盛していらっしゃいますね~

お昼の時間も一段落してたので、結構すぐに座れました
その後も人はほとんど来なかったので、終わりがけが狙い目・・・かもしれません
112
じゃ~ん
ほんとに2個卵黄が・・・
そしてにんにくがたっぷり~(手前部分)
113
ぐちゃぐちゃ、容赦なくかき混ぜます
混ぜるのに熱中しすぎて、はねてしまいました

結構、辛いです
相方はすごい汗だく~
にんにくたっぷり、味付けも濃くって、あぁ身体に悪そう・・・
でも病み付きになる美味しさです

塩分がかなり多くって、とても具まで全部は食べ切れません
そんなあなたに・・・更なる身体に悪いことを
114
「追い飯お願いします」と言って、具が残った状態の器をカウンターに乗せると、
白いご飯を入れてくれます(無料です)
それをまたぐちゃぐちゃ、かき混ぜて・・・あれ、相方が全部かき混ぜていない!
聞くと、全部かき混ぜちゃうと濃いから・・・
確かに・・・早く教えてください・・・もう、すっかりかき混ぜちゃいましたよ
まぁでも、ご飯を入れると、具まで全部食べられる濃度になります
夏場だから、塩分取らないといけないし~とか言いつつ、パクパクっと完食
(高血圧の人は止めたほうが良さそうです)

これまた、かなりお腹いっぱいになりました
そして、すご~くにんにく臭くなった自分を感じました
早く帰って歯みがきしなくっちゃ~

てっぺんさんのHP
http://teppen.hp4u.jp/

支留比亜

21日、日曜日に支留比亜さんに行ってきました~
朝8時30分くらいなのにモーニングではなく・・・
相方の念願の「カルボトースト」が目当てです

ご近所なので歩いて行きます
ここ、谷口店は今年の2月に開店したのですが、駐車場がいつもいっぱいなのです
店内も明るい雰囲気で、居心地もよく・・・ついつい長居しちゃくなってしまいます

支留比亜さんはコメダと二分するくらいの勢いがある、ナゴヤ喫茶チェーン店ですが、トースト関係の食事メニューが豊富なんですよね~
今まで全然食べたことがなかったので、興味しんしんです

109
110
こぉんなにパンメニューがあります

111
じゃ~んカルボトースト@500
朝からすご~いボリューム
え~っと下に一枚+上に半分の厚切りパン
それにハム・オニオン・ピーマンが乗っかって
クリームソースがどっさりかかっています

ひたひたに浸った厚切りパンを、添えられたナイフとフォークで切って、これまた至れり尽くせりで添えられたスプーンでソースごとすくってパクリ
あ、美味しい
見た感じ、うわっ!くどそう!っと思っていたのですが、意外や意外、クリームソースがほぼ牛乳な感じで、バターなどの油脂っぽい感じがほとんどありません
へたなフレンチトーストの方が油っこい感じ
厚切りパンもふんわりだけど、しっかりもちっとしていて、ソースに浸ってもぐちょぐちょにはなりません

なるほど~人気があるのも納得です
一緒にたのんだブレンドとの相性もばっちし~
どちらかというとさっぱりした味わいの支留比亜さんのコーヒー
ミルキィなカルボトーストの後味をすっきり爽やかにしてくれます

ただ、ボリュームはかなりあります
(私たちは、この他にモーニングのゆで卵も食べちゃいましたが)
モーニングのつもりで気軽に頼まず、心して注文してくださいね~

支留比亜さんのHP
http://silviacoffee.ecgo.jp/

日の出製麺所

日の出製麺所さんは香川県坂出市にある、さぬきうどん屋さんです
11:30~12:30という、1時間限りのとっても短い営業時間
それだけでも何だか、こだわりを感じてしまうお店です

職場の方の熱~い推薦で、昨年に引き続いて、今年も
「みんなでさぬきうどんを食べよう」会が結成(?)されました

といっても大したことではなく、みんなでお取り寄せをしようっていうだけのコトなんですが・・・
みんなでたくさん注文すると、大量になるので、上手く商品を組み合わせると結構お値打ちになるのです~(出た~お値打ち!ナゴヤ人ですねぇ)

先月、みんなでお取り寄せした際、我が家が注文したのは
究極のさぬきうどん300グラム×6袋、かけだし6個、つけだし6個、特製いりこだし醤油1個で3,150のセット
(みんなで色々と注文したおかげで、コレが約1割引きになりました)

それもすっかり食べてしまい、8月20日、土曜日にラスト1袋をいただきました
あ、ほんとの賞味期限は1週間なのですが、冷凍したので1ヶ月くらいもちます
ラストは釜玉うどんで
107
ねぎと特製いりこだし醤油(コレがまた美味しいのです)を添えて
うどんの下に生卵をかき混ぜたのが入っています
卵かけご飯の、ご飯がうどんになっているっていうバージョン
108
ぐちゃぐちゃまぜて、ねぎをパラパラ

この日はゴージャスさんでゴージャスに(?)お昼ご飯をいただいたので、夜になってもあまりお腹が空いておらず・・・
そこで思い出したのが「さぬきうどん」がまだあったぁということ

スーパーでも冷凍さぬきうどんが売ってて、結構、常備していますが、やっぱり一味も二味も違~う
釜玉だとむっちり感が味わえます
ん~美味しいのだ

日の出製麺所さんのHP
http://www.hinode.net/index.html

ゴージャス

最近、雨が降ったり止んだり・・・が続いています
こんな日はお出かけもできず
ということで、やっぱりご飯食べにいっちゃうのだ

8月20日、土曜日にゴージャスさんに行ってきました~
某ブログで書かれていましたとおり、10月23日で閉店される旨が張り紙されていました
岐阜駅付近にある「スパイス食堂シャンティー」というカレー屋さんと一緒になっちゃうとのこと・・・悲しいのです

ホリデーランチ@1,280
サラダ、チキン・オニオンマサラ(中辛)、ナン、チャイで注文

サラダ
103
この自家製のマンゴードレッシングが、とぉっても美味しいのです
めずらしモノがNGの私でも、一度恐々試してみた後は、たっぷりかけまくっちゃいました
甘みは少なくって、フルーティなさっぱり感がたっぷり野菜にマッチ
104

ナンとカリー
ナンはふわふわっというよりも、パリッとした食感です
105
カリーは炭が下に入った状態で、いつまでも熱々~
106
オニオンマサラは辛めなので、中辛だと辛口程度になっちゃうとご注意いただきましたが、ちょうど良かったです

こないだいただいたチャイがとっても気に入ったのですが、今日は前回(http://cab-cab.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-df77.html)よりもミルクっぽかったです
スパイスが効いてた感じだったのですが・・・いつものオーナーがいらっしゃらなかったから?こないだはたまたま、煮詰まって濃くなってただけ?

そんなに回数行っていないのですが、美味しいお店だったのに残念です~
ランチが14時30分ラストオーダーという、微妙に遅めの時間もツボだったのですのに

ゴージャスさんのHP
http://www.5jas.jp/index.html

車山高原で避暑 その4

二日目の宿はリゾート・イン・モンテフローラさん
こちらも車山高原のペンション村の一角
前日の宿のすぐそばでした

サラダ・・・はやっぱり撮り忘れました
094
コーンスープ
095
白身魚・ホタテ・エビのホイル焼き
魚介スープが出てて、うまうま
096
すみません、色が・・・
フィレステーキの上にフォアグラとトリュフ
たぶんバルサミコを使ったソースで意外にあっさり
この後、デザートもいただきましたが、携帯が電池切れで・・・

三日目は特に行き先も決めていなかったので、この夜に検討会
蓼科高原か、それとも蓼科中央高原か・・・で迷いましたが、行ったことがない蓼科中央高原へ行くことに決定~

モンテフローラさんのHP
http://www.monteflora.com/

翌日の三日目は朝からばっちりの晴天
う~日焼けに猛注意なのです
で・・・あんまり良い天気なので、無謀にも蓼科高原に行ってピラタスロープウェイに乗って、上でちょこっとブラブラして行こうと急遽プラン変更
だってあまりに晴天なんですもの~

ところが!
前日に落雷があったため、ロープウェイが停止中・・・
(うわ~っ駒ケ岳ロープウェイの悪夢が・・・でも上で止まったワケじゃないのだ。しかもココは降りる道もあるし)

というわけで、結局、蓼科中央高原を目指して、ビーナスライン~メルヘン街道へ
横谷峡入り口に到着です
階段を下りていくと、いきなり滝が出現
101
乙女滝 涼しげ~
098
マイナスイオン2万個/ccって・・・多いのかな
よくわからないけど、滝つぼがすぐそばなので、かなり発生していそう

ここから横谷峡遊歩道をてくてく歩いていきます
渓流に沿って歩いていけるので、空気が涼しい~
ただ遊歩道という可愛い名前なのに、意外と坂がきつくて(よくあるパターンですが)、すっかり汗をかいてしまいました

王滝
099
上から見下ろす滝も新鮮なものです

横谷展望台まで登ると、王滝がさら~に下の方に見えます
100
ん~わかんなくなっちゃった
左下の方、木々の間にかすかに見えてたのですが
ここから折り返して、来た道を戻ると13時30分頃
結構歩き応えがある遊歩道でした

蓼科中央高原
http://www.tateshinachuoukougen.com/index.html

まだ帰るには時間が早いのです
汗をかいてしまったし、やっぱりココは温泉でしょう
ってことで、宿でいただいたガイドマップに載っていた石遊(いしやす)の湯さんへ
なんとなく立ち寄ったのですが、泉質はなかなかのものでつるつるのかけ流し
ちょっと熱めだったので、長いことは入っていられませんでしたけど、さっぱりできたし大満足でした

ついで(ではないですが)に、すぐ隣にあったお蕎麦屋、せせらぎさんの軒先に10割そばとか書いてあったのに惹かれて、いただくことにしました
う~んちゃんと12時におにぎりを食べた気が・・・
まぁちょうど15時でおやつの時間だしね~
夏なのにもう新そばがいただけるということで、ちょっとお高めでしたが(@1,600)、それをお願いしました

携帯は車の中・・・ノー写真です
せいろに乗っかっている通常のざるそば状態のものとは別に、水に浸かっている「水そば」が出てきました
初めていただきましたが、風味がしっかり味わえて美味しいですね~
あんまり食べ方が気に入ったので、せいろに乗っているおそばも、水に浸けつついただいてしまいました
なんだか麺つゆにつけるともったいない気がして・・・
今年初の新そば、まさか8月にいただけるとは思ってもみませんでした

せせらぎさんのHP
http://seseragi77.web.fc2.com/

そんなこんなで、車山高原(+蓼科中央高原)の旅も終わり、激アツの名古屋へと戻ってきました
まだまだ暑さに慣れることができずにいます・・・早く秋にならないかなぁ

車山高原で避暑 その3

二日目は気合を入れて、7時30分から朝食をお願い
8時過ぎにはチェックアウト
この日は午後から天気が崩れそうだったので、時間短縮のため、登りは車山高原リフトで一気に行くことにしました

080
山頂付近は人でいっぱい~
みなさん、記念撮影に励んでいらっしゃいました

山頂を後にして、八島ヶ原湿原をてくてく目指します

083
蝶々深山
085
084
物見岩

ちょうど高山植物が周りにたくさん咲いていて、長い距離も全然苦になりません
081
マツムシソウ
087
ヤナギラン
088
089
ヨツバヒヨドリ
090
ツリガネニンジン

086
八島ヶ原湿原

八島ヶ原湿原は近くに駐車場もあるので、人がたくさんでしたが、途中の道はそんなに人もいなくてのんびりマイペース
のんびりお散歩気分でした
八島ヶ原湿原のところでお昼ご飯

八島ヶ原湿原から沢渡~ゴマ石山~車山肩~再び車山山頂
そこから今度は徒歩で、下まで降りていきます
この頃には雲も多くなり、ちょっと怪しい空模様
でもでも、行きに目をつけていた、リフトの乗り継ぎ地点にあるちょっとおしゃれなカフェTOP’S360へ
093
ブルーベリーソフト@550
ブルーベリーソースがたっぷり~
余計なものが入っていない甘酸っぱさに、すっかり疲れも吹き飛んじゃいます

お店を出て、下りを再開
・・・ついにやってきました夕立
折り畳み傘をちゃんと持ってきて良かったのです
その後、降ったり止んだりしてましたが、駐車場に着くころには一段落
小降りになってたので、今夜の宿へ直行で~す

この日はなんと相方の携帯内臓歩数計で、約20km、28,000歩を記録しました
いつもは山登りしても(たぶん上に移動するので)ココまでいくことは無いのです

車山高原で避暑 その2

しっかし車山高原でさえ、陽射しがあると暑い
でも日陰はとってもひんやりしています
・・・名古屋はさぞかし暑いんだろうなぁ

一日目の宿はリゾート・イン・ラルゴさんです
早い時間に到着したので、さっそくお風呂をいただきました
その後、お散歩に出かけるつもりが、二人ともすっかり寝てしまって
起きたら、もう18時すぎ・・・夕食の時間は18時30分からです

サラダ・・・撮り忘れてました
076
コーンスープ
077
サーモンのパイ包み焼き
078
フィレステーキ
079
レアチーズケーキ

一皿一皿、温かいものは温かいまま・・・ペンションの醍醐味ですね
たっぷりいただきました
特に相方はかなり気に入ったようです
翌朝の朝食もとっても美味しかったです

夕食後、腹ごなしを兼ねて、外へ散歩
ちょうど流星群が見れる時期ということで、それも楽しみに出かけたのですが、この日は14夜
キレイなほぼ真ん丸の月が邪魔をして、流星群は見えそうもありませんでしたが、それでも星はいくつも見えて・・・夏の大三角形もちゃんと見えました(相方のウケウリです)
空気がキレイなところは違いますね~

リゾート・イン・ラルゴさんのHP
http://www.lcv.ne.jp/~largo/

車山高原で避暑 その1

8月13日(金)~15日(日)、車山高原に避暑に行きました~
ウチの職場はお盆休みは無くって暦どおりなので、13日(金)は有休です

ちょうどお盆の帰省とかぶるかなぁと思いつつ、結局は8時すぎ頃という普通な時間に自宅を出発~
途中、ちょこっと混んでいる区間はありましたが、比較的順調に高速をパスして、12時少し前にはもう諏訪ICを出ました
お昼ごはんは何が良いかなぁっと携帯で検索
諏訪付近で見ると、鰻と蕎麦のお店が多いみたい

その中で、うなぎ 小林さんにすることにしました
ほんとは夏場の鰻はイマイチなのかもしれませんが、土用の丑の日以降、まったく食べていなかったので・・・

ちょこっとわかりにくかったのですが、大通りに看板を発見して入っていくとお店を発見~
12時頃でしたが、お店の前にはすでに人が並んでます~
・・・有名店だったのですね
ただ、11時から開店で、ちょうどタイミングが良かったのか、20分もしないでお店に入ることができました

070
う~ん迷うなぁ
お店に入るときにメニューを聞かれるので、それまでに決めなければなりませぬ
どうも天然鰻が売りの1つみたいですが、ちょうど我々の直前で売り切れていました
日によって仕入れ元と値段が違うみたいです
この日は確か仁淀川産で@3,500くらいとおっしゃってました

店内はこざっぱりとしててちょっとおしゃれな感じ
私は上の鰻重@1,890にしました
071
072
ん~この鰻は初めての食感です
蒸してあるわけでは無いのですが、ふわふわっと柔らか~してます
タレも甘さ控えめでとっても上品な味
名古屋のぱりぱりこってり鰻と対照的ですね~
でもこの感じも結構好きです
なんだか日本料理~って感じです
思ったよりもご飯の量が多くて、すっかりお腹いっぱいになりました

相方はうな丼@1,575と肝焼き@420にしていました
肝焼きをいただきましたが、全然いやな苦味などもなく、とっても食べやすく美味しかったです

うなぎ小林さん(食べログ)
http://r.tabelog.com/nagano/A2004/A200404/20001043/

腹ごなしが終わって、いよいよ車山高原へ
景色を楽しみつつ、ビーナスラインをたどって行きます
074
白樺湖と蓼科山
とっても綺麗に見えています

ただ・・・宿に行くにはまだちょっと早い時間だったので、この時間を利用して、長門牧場に行くことにしました
ソフトクリームがとっても美味しいんです~
ジャージー牛乳ならではの濃厚さがたまりません
(相変わらず、ソフトクリームは時間との勝負なので、撮影NG)
そして、今回はヨーグルトもいっちゃいました
075
しかもこのノンホモの表示に惹かれて、相方と500ccを各1本ずつ
・・・相方はしっかり飲みきっていましたが、私は半分くらいで断念
やっぱり多かった~(あとでお風呂上りにいただきました)
とってもさっぱりとしていて飲みやすかったです
この後、すっかり腸内が活性化したのか、キレイさっぱりになりました(失礼;)

長門牧場さん(食べログ)
http://r.tabelog.com/nagano/A2004/A200403/20002338/

尼ヶ坂

8月7日の日曜日、尼ヶ坂さんに行ってきました~
その名のとおり瀬戸線尼ヶ坂駅(北区)の近くにあるカフェです

目的は・・・相変わらずのかき氷
でも、せっかくなのでランチも一緒にいただくことにしました

店内は不思議ぃな雰囲気
ん~っと・・・色々売ってるおしゃれな雑貨やさんで、ちょこっとスペースを空けてもらって、ご飯食べてる感じです
お客さんが増えるたびに、テーブルの上のスペースを空けて、席を確保していらっしゃいました
のんびり周りの雑貨を見たり、おしゃべりしたりしながら、ゆったりした時間を過ごすのがコンセプトなお店だと思います

065
いさむポークのショウガ焼き丼 赤出し付 @1,000
ころころに切られた生姜がよく効いてて、美味しかったです
ちょっとボリュームは控えめかな
この後、かき氷が控えていたのでちょうど良い感じでした

目当てのかき氷は大人気で、みなさん入れ替わり立ち替わりに入店されては、注文してました
手回しのかき氷器で、一つ一つ氷をかいているので、混んでくると大変そう
でも、とおっても丁寧に作られていました

066_2
相方の桃@700
桃!ですね~
どちらかというと完熟した甘~い桃というよりも、もうちょっと手前で、桃の風味がたっぷりの状態でした

067
私のブルーベリー@700
ごめんなさい・・・なんだか私の携帯だと色が・・・
ほんとはもっと綺麗なブルーベリー色だったのですが・・・
こちらもまさにブルーベリーそのもの
酸味がほどよく、後味もさっぱり
ブルーベリーがたっぷりかかっていて、目が良くなりそう

尼ヶ坂さん(食べログ)
http://r.tabelog.com/aichi/A2301/A230110/23032005/

京柳

8月5日、金曜日に京柳さんに行ってきました~
月イチのグルメ会、今月は涼を求めて日本料理
桜山と瑞穂区役所のちょうど真ん中辺りにあるお店です
環状線沿いにてくてく歩いていくと、涼しげによしずがかかったお店が・・・ビンゴです

予約のときに事前にコースを教えてとのことで、相談の結果、腹八分でいこうと@3800のコースでお願いしました
以下、お品書きが無かったので、うろ覚えでごめんなさい

先付
050

051
ゼリー寄せです
もうこの見た目からやられちゃいました
具材は・・・あぁもういきなりうろ覚え・・・
ゼリーの出汁がよく効いていて、すごく美味しい
味付けはしっかり目です

御造り
052
中トロ、ボタンエビ、とり貝・・・
新鮮で美味しいです
わさびも大葉もちゃんとしてます

はもしゃぶ
054

055
「まず松茸から入れてください」と言われて、松茸をしゃぶしゃぶ
今年の初松茸、こうやっていただくと風味もしっかり歯ごたえもしっかりです

食べなれていない私たちは、その後どうすべきかよくわからず・・・
他のものはみんなドサドサいれちゃいました

はも!美味しいんですね~
淡白なお魚だけかと思っていましたが、しっかり脂ものっていて、でも穴子みたいにくせや臭さはなく、しゃぶしゃぶにぴったり
梅肉でしかいただいたことなかったのですが、こうして出汁にくぐらせてからいただくと食材の美味しさがよく伝わります

鍋にはられていたスープをどうすべきか悩みつつ、そばに置いてあった茶碗蒸し用サイズのスプーンでこっそり数口飲んでみました
わ~これまた美味しい・・・ご飯を入れておじやにしたいなぁ
って話していたら、どうやらその食べ方は正解だったみたいで、スプーンは鍋と一緒に下げられていきました
なんだ~正解だったら、もっと味わっておけば良かった・・・残念

056
じゃこの炊いたの、生ゆば
つぶ貝、烏賊の和え物、・・・あぁもう無理です
お酒を飲む人にはたまらないお膳だろうなぁ
私も日本酒、いっちゃえば良かったかな

059
冬瓜となすの炊き合わせの冷製
しみてます~とくになすがたまりません

御飯物、赤出汁、香の物
060

061
しょうがのおこわ
蒸篭が可愛い
こちらのお店、器がまたこだわりを感じますよね
しょうがの風味が抜群で香りもステキ
赤だしも美味しいし~大満足です

こんなに本格的な日本料理をいただいたのは、久しぶりです
男の人はこのコースだと量的には物足りないかもしれません
あ、でもお酒と一緒ならちょうど良いかも

欲を言えば・・・最後に水菓子、果物一切れで良いから出てくると、お後が宜しいようで

京柳さん(食べログ)
http://r.tabelog.com/aichi/A2301/A230112/23033988/

ピエール・プレシュウズ

7月31日の日曜日、久しぶりにピエール・プレシュウズさんに行ってきました~
職場のスクリーンセーバーを、保存してある各種写真が順番に映し出される設定にしてあるのですが
そのスクリーンセーバーを見て
同僚の男の子が「あっピエール・プレシュウズのモンブランだ~」って言ってくれたのです
お目が高い、あの円錐形を見抜くとは!
それからひとしきり、ピエール・プレシュウズさんの話で盛り上がってしまいました
もうコレは行くっきゃないでしょう(?)

ってことで行っちゃいました
私は相変わらず、ショートケーキ
064
なんかその子が自分は二人分でもいけちゃいますよぉって言ってたので、スゴくやってみたかったけど、自制して一人分にしました
ふわふわしっとりスポンジと生クリーム、シンプルだけどやっぱり美味しい

相方はジンジャーエール
062
しっかりジンジャー、とってもジンジャー
まさしく生姜そのもの、身体に良さそう
炭酸はそんなにきつくないので、これなら私もいけそうです

ブーケ・セゾン@700
063
ラズベリーとマンゴーのアイス
さすが、これまた濃厚な味わいです・・・
生クリームもたっぷり~
と~っても満足そうでした

ピエール・プレシュウズさんのHP
http://www.pierre-p.com/

坦々麺&焼肉

ん~なんだか「夏」っていう組み合わせのタイトルですねっ
先々週から残業続きということもあって、外食が続いちゃってます
そこで最近行った、我が家で「○○と言えば・・・」というお店をご紹介します

まずは「坦々麺と言えば・・・」
錦城さん、ダンダン亭さん、とかありますけど、あえて上げるならやっぱり
千種区にあるアジアンヌードルさんの大陸坦々麺
・・・ちょっと邪道?好き嫌いがありそう
でも思い立ったら食べたくなる味なんです~
048
エスニックなスープがたまらな~い
駐車場がレベル高すぎて、私だけだと行けないところが難点・・・かな

アジアンヌードルさん(食べログ)
http://r.tabelog.com/aichi/A2301/A230106/23001709/

そして「焼肉と言えば・・・」
志段味にある味道園さん
私はそんなに焼肉って食べに行かないんですけど(自分で焼くのが面倒くさいので)、ココなら行っても良いってお店
実は相方の行きつけなので、まだ数回しか行っていない
でもでもほんっとに美味しいのです
場所がすんごいわかりにくいんですけど、ナビの力を借りればたぶん大丈夫
049
お肉もしっかり食べ応えアリアリ、タレがまた美味しいのだ~
ご飯がすすんじゃいます(相方はビール)

味道園さん(食べログ)
http://r.tabelog.com/aichi/A2303/A230301/23012374/

昨日からの感じだと、まだまだこれから暑い日が続きそう
っていうかこれからが夏本番?
・・・しっかり食べて栄養つけてがんばりましょうね

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »