« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

餅文

昨日ケーキを食べましたが、今日は餅文さんへGo
老舗の和菓子屋さんです
こないだテレビで観たういろうがとおっても美味しそうだったのだ
あ、今日は相方の提案です・・・私じゃありません(強調)
ナビで検索したら、八事にも支店があったので、省エネしてそちらへ

店内にはういろうがいっぱい~目移りしちゃいます
あ、和菓子もある~わらび餅とか桜餅とか美味しそう
っと思ってみてたら、試食でういろうをいただきました(しかもお茶まで・・・)
白と栗をいただき、「やっぱしういろうだな」と結論
黒を一本いただきました
P1010490
献上菓 黒外郎@735
すんごい立派な包装
P1010491
この艶々~がたまりませんね
黒砂糖の香ばしい香り
切るともちもち感が尋常ありません
添えつけのプラスチックくろもじが折れそう
P1010492
いただきます~
ん~やっぱし美味しいのだ
黒砂糖のほのかで上品な甘み
そこら辺りのさくっとした食感のういろうはあんまし好きじゃないのだけど、こういうもち~っとした本格派のういろうは大好きで~す
あぁ日本茶と一緒にいただけば・・・贅沢な感じ

餅文さんのHP
http://www.mochibun.co.jp/index.htm

ピエールプレシュウズ

昨日、ピエールプレシュウズさんに行ってきました~
人事異動の内示があったのだけど、今年も異動できず・・・う~ん楽なのは良いけど、5年目突入ですかぁ
傷心を癒すため(?)には、やっぱりケーキ
天気が良かったので、やっぱしこんな日は、ココのイートインでのんびり池を見ながら日向ぼっこだよね~
出遅れて14時ちょい前に到着したら・・・生ケーキが完売状態でびっくり~
ひえ~こんなんなんだぁ
イートインもちょうど満席で、待つこと20分くらい(たぶん)
こんなに混んでるのに、今日はなぜかまだあったモンブラン・ブリュレを二人共チョイス
P1010488
ダブル モンブラン・ブリュレ~
P1010489
モンブランのうにゅうにゅがフォークでは食べにくいんだけど・・・ほんっとに美味しいのだ
この風味、和栗好きにはたまりませぬ
生クリームも美味しいしね~
今日は忙しいからか、いつものような可愛らしい飾りつけはなかったです

ピエールプレシュウズさんのHP
http://www.pierre-p.com/

ゴージャス&こうなご丼

ゴージャスさんに行ってきました~
名東区にあるインドカレー屋さんです
向かいにあるヒッコリー(ハンバーグが美味しいのだ)さんには時々行くのですが、こちらはおじゃましたのは3回目
かなりご無沙汰してました

ランチタイムのラストオーダー14時30分にすべりこみセーフ
なんだか昔来たときよりも、心なしかキレイな感じ

ホリデーランチ@1,280をオーダー
7種類のカリー、ナン又はライス、サラダ、ラッシー又はチャイ
相方はエビ・トマトマサラ、ナン、ラッシー
私はチキン・オニオンマサラ、ナン、チャイ
P1010486
サラダのドレッシングがマンゴーを使った自家製のもの(奥右にあるビン)とのことでしたが、さわやかで美味しかったです~
甘さは控えめ(というかマンゴーの甘さだけ)なので、フルーティさが野菜とよく合います

ナンはすんごい大きかったので圧倒されましたが、薄めにパリッとしていたので結構食べれてしまいました
それよりもカレーの量がたっぷり~で計画的に食べないと、カレーが余ってしまいそう
ちゃんと下に炭が入れてあるので、最後まで熱々でいただけます
私のチキンも美味しかったですけど、相方のエビがまた美味しかったです

食後のチャイも砂糖が最初から入ってなくて、紅茶の風味が牛乳に煮出されてとってもGoodでした
なんだか前に行ったときよりもお互いに評価がぐ~んとアップ
また行きたいなぁ
ゴージャスさんのHP
http://5jas.jp/index.html

おまけ・・・
旬のこうなごがスーパーでとっても美味しそうだったので、丼にしてみました
P1010487
小口切りにした青ネギをた~っぷりと
ちょっと加えたごま油が風味を増して、とっても良かったですよぉ
春ですね~

5ヶ月半

ルバーブは順調に(特に末っ子)育っています

P1010482

・・・が!
昨日の朝、なんと虫が食べた跡を発見!
P1010483

P1010484
うぎゃ~虫食いの跡ですよねぇ
虫嫌いなのだよぉ
・・・葉っぱの裏とか見ましたが、姿も見えないのでしばらく様子見ます

あ、あと今朝、嬉しいことが!
P1010485001
一度、いなくなってしまっていた長男(女?)が復活してきていました~
ちょこんと小さい芽が出てきてたのです
虫が心配ですが、このまま、またがんばって育ってくれると良いなぁ

マツザカ

マツザカ ミート&ベジタブルさんに行ってきました~
月イチのグルメ会です
こちらはいわゆる錦三のビル1階(ちょっと入りにくい・・・)にある小さなお店です
ちょこっとしか席が無かったので予約必須ですね~
Aコース@5,250でお願いしました

飛騨牛のカレーパン
P1010470
予約をするとプラスしていただけます
お皿が可愛い~
そして、まさしく正方体(懐かしい響き・・・)にキレイに整えられた形
ん~これからに期待が高まります
P1010471
表面はパリパリ~なので、わしわしと手で割ると・・・
こんな感じ(すみません左の右下かじった後です;)
辛さは無く、お肉と野菜の甘みがきいた優しい味

自家製パンと5種類のスターター
P1010472
どど~んっ
思わず声をあげてしまった三段トレイ
アフタヌーンティみたい

え~っと・・・上から
P1010474
一番上段がひとみにんじんの搾りたてジュース(左)
真ん中の段が飛騨牛たんの冷製(右)

そして下の段が
P1010473
右から自然豚のリエット、コールスローサラダ、フランス産フォアグラのパテ蜂蜜添え(まだ中が全然見えてないですケド)
どのお皿も容れ物もと~ってもおしゃれなのですよ~
シェフのこだわりを感じます

P1010475
パンの周りにぐる~っと並べてみました
そして・・・どれも美味しかったです
素材の味がしっかりと出ていて、あくまで味付けは引き立て役に徹している風に感じました

前菜 青イチゴと松阪肉の冷製添え パルミジャーノのクロッカンとチーズのソース
P1010476
青イチゴ!初めていただきました(左上:クロッカンの下)
まったく甘さはなくてさわやかな酸味
下にひかれた三種類のチーズを使ってるというチーズソースは濃厚
パルミジャーノのクロッカンに負けないパンチの強さです
お肉の冷製(右上)にも青イチゴのソースがかかっています
これもお肉を邪魔しないさっぱり味

野菜の盛り合わせ
P1010477
・・・これまた凄いことになってます
あ、最初からそうでしたが、運んでくださる方が一つ一つ丁寧にお皿の説明をしてくださいます
こちらのお野菜たちも1つ1つ説明をいただきました・・・が記憶力が・・・
つたない記憶をたどります
左が菜の花の一種、紅苔菜で上段左から・・・小レンコン、インカのめざめ、青トマト
真ん中が左から・・・葉たまねぎ、ブロッコリーの一種、○○、マカ、なんとかしめじ、××・・・あぁもうダメ覚えてない
下の段が左から白ビーツ、スナップえんどう、プチヴェール
ちゃんと教えていただいたのに、ごめんなさい
P1010478
これらをバーニャカウダソースや塩、しょうゆなど好きに付けていただきます
バーニャカウダソース(鍋の中)がまた美味しかったです

サイドディッシュ 炭火焼松阪肉のミニステーキ
P1010479
・・・色が悪く写っちゃってごめんなさい
ほんとはとってもキレイな色なのにぃ
ソースは左から、バルサミコ酢、西洋わさび、オリーブ、パセリをそれぞれ使ったもの

自家製ひとくちデザート5種盛り合わせ
P1010480
左からみかんのカスタードプディング、ライムシャーベット、クマ笹の綿菓子、紅茶ゼリー、ティラミス
こちらも素材の味が強く主張され、どれも個性的な味わいとなっていました

ドリンクとお茶菓子
P1010481
カプチーノにしました
あと、なぜか最後は和のお茶菓子で〆

ほんと、目でも舌でも楽しませていただきました
丁寧なお料理とお皿と接客に脱帽
特に女の子同士で行くにはぴったりです

マツザカ ミート&ベジタブルさん(食べログ)
http://r.tabelog.com/aichi/A2301/A230103/23038245/

みんなが1つに

おととい起きた地震、津波、そして原発事故・・・
あまりにも衝撃的すぎて現実のものとも思えないくらいです

一人でも多くの方がご無事でいらっしゃいますように
無念にも亡くなられてしまった方々のご冥福をお祈りいたします
またがんばっていらっしゃる関係者のみなさまにエールをお送りいたします

自分でも何かできることが無いかと思いつつ
何もできず・・・
節電をと思って暖房を切ってみましたが
中部電力では意味が無いのですね・・・

とりあえず募金をすることくらいしかできない?
下手な手助けはかえって迷惑なこともありますし
でも何かできることがあれば・・・
みんなで1つになって助け合っていきたいですね

メゾン・カイザー

土曜にメゾン・カイザーさんに行ってきました~
ご存知、池下にあるパン屋さんです

目当ては、こないだからお気に入りのサラダランチ@950
天気も良かったので、座る席が無いかなぁと心配でしたが、ぎりぎりセーフ
こちらはサンルーフになっていて、外をながめながらの優雅なランチを楽しめます
花粉症真っ只中の相方も安心

P1010456
今日はサラダはポテト、スープはコーン、デリは卵のココットでした
飲み物はやっぱしカフェオレ
P1010457
そしてかご盛りのブレッドたち
たっぷりの野菜とたっぷりのパン(特にバケットがすごい美味しい)
なぜかカフェオレが異常に濃かった(普通のカフェを頼んだ相方はもっとすごかった)のが残念でしたが、やっぱしこのランチは大好きです

メゾン・カイザーさん(食べログ)
http://r.tabelog.com/aichi/A2301/A230106/23004747/

田代

先週の日曜、瀬戸にあるうなぎの田代さんに行ってきました~
2回目の訪問です
前回(http://cab-cab.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-8217.html)はお昼に行きましたが、今回は朝が遅かったので16時からの夜の部をめざしてみました

すぐ裏にある商店街の方々がやってる駐車場に入れようとすると、17時には閉めてしまうということ
ちょっと離れたコインパーキングに停めました
5分前くらいから、お店の前にあるイスで待つことしばし・・・
おば様がのれんをかけて中へ招き入れてくれました

席についてお茶をいただいていると
外からご主人がたくさんの箱を持って登場~
中は・・・もちろん鰻たちです
そして、始まりました
目釘をがし~っと打って、包丁でびゅっびゅっと裂いて・・・の音が響き渡ります
う~んこないだもそうでしたが、特等席(っていうのかな)で観戦していると、ほんと生々しい
炭を調整しつつ、バタバタ団扇で扇いで・・・待つことしばし(ちゃんとさばきたてを調理されているので、どうしても15~20分くらいはかかります)

どど~ん
P1010454
今回は、学習したので並(一匹分)@1,900にしました
が、やっぱしはみ出てます
P1010455
開けても・・・はみ出てます

こちらの鰻はとっても肉厚で、鰻って魚なんだなぁって実感させてくれる食べ応えです
パリパリさっくさくのひつまぶしとはまた違った味わい
がっつり美味しくいただきました
お昼抜きでしたが、やっぱし並の分量で十分です

田代さん(食べログ)
http://r.tabelog.com/aichi/A2303/A230302/23003045/

梅見in京都

先週末、ドライブがてら京都に梅を見に行ってきました~
パソコンの調子が悪いため、なかなか写真が取り込めず・・・
結局、データを小さくしてようやく取り込めました

初めて京都に車で行きましたが、京都って車混んでますねぇ
インターから市内にたどり着くのに、だいぶ時間がかかってしまいました

まずは梅宮大社
まだちょこっと早いかなぁって具合でした
P1010444001
庭園入り口そばの梅は見ごろでした
P1010445001
駐車場そばの梅も・・・
庭園自体はまだまだって感じで残念~

次は北野天満宮
そばまで来たところで、駐車場待ちの車の列が・・・
並ぶのが嫌いなので、ぐる~っと周りの道を回ってみると
うっわ~一方通行だらけ
しかも名古屋と違って互い違いの一方通行じゃなくて
ひたすら一方(北野天満宮から外方向へ)への一方通行
かなり大回りをして近づくと、ラッキーなことにかなり近くの駐車場に一台空きがありました

こちらは真っ盛りです~
P1010448001
こういう感じの花がまさしく「梅」だよね~
っと勝手に思って撮ったお花です
P1010447
有料の庭園のほうにも行ってみました
水が流れてて比較的静かな散策路
贅沢な空間です
P1010449001
ここから続く梅園は見事に梅がたくさん~
人もたくさん~
なので写真はおあずけ

あ、ちゃんと甘味も・・・
P1010450
入り口付近でお抹茶と長五郎餅2個のセット@500をいただきました
お抹茶久しぶりです~
ほんとにお餅っぽくもちっとした生地に上品なあんこ
お抹茶とよく合います

長五郎餅さんのHP
http://www.chogoromochi.co.jp/index.html

帰り道はまたまた高速に向かうときの渋滞を考えるとうんざり~なので、
ぐる~っと遠回りをして下道で琵琶湖大橋のほうへ出て、
彦根から帰ることに

夕飯は彦根でいただきました
遅い時間だったのでほぼ店が閉まっているキャッスルロード
その中でほっこりやさんへ
P1010451
比内地鶏の親子丼@1,200
この時間、みなさん飲みの方ばっかしなのに単品注文
かなり待ってしまいましたが、待った甲斐ありました
比内地鶏のダシがよくきいた味付け
とっろとろの卵
とっても美味しかったです~

比内地鶏 ほっこりやさん(食べログ)
http://r.tabelog.com/shiga/A2503/A250303/25000931/

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »