« 大分の旅(その6) | トップページ | ワルン・プアン »

大分の旅(その7)

長くなってしまいました大分の旅もこれで最後
由布院駅へ向かいます
来たときはあまりの寒さと雪にじっくり観る余裕がありませんでしたが、駅舎もなかなかステキです
P1010417
帰りの電車を待つ人々でいっぱい~
P1010416
ホームもレトロな大正(あえて昭和とは言いません;)時代風
P1010419
来ました~ゆふいんの森号
くすんだ緑色とレトロな内装
P1010423
P1010422
念のためですが、私は鉄ちゃんでは無いです
(相方はビミョ~に入っているのではと、疑っていますが)
でも、ステキな雰囲気の電車です

P1010420
揺れる車内にて・・・途中で買ったとりめし
小さな窓だけのお店で、美味しいのかなぁって見てたら、地元の方に美味しいよぉって勧められて買っちゃいました
うん、美味しい
そういえば行きも名古屋コーチンのとりめし・・・
あっちは完成されたしっかり系の味ですが、こちらは素朴な手作りの味がします
やっぱし、しいたけの味もきいてます

このゆふいんの森号は、車内販売も力が入っていて、次々に売りにきて、けっこう買っている人もいます
と思って、今度は何を売りに来たのかなぁとメニュー表(きちんと座席の前ポケットに入ってるのです)を見て相方と話をしてたら、売り子のお姉さんと目が合ってしまった
「なにか気になるものでも?」
あ~つられて買っちゃいましたよぉ・・・おはぎ
P1010424
ちょっと食べかけですみません
いかにも丁寧につくられているなめらかなあんこ
そして中のもち米がこれまた絶妙な潰し具合
P1010425
そういえば、ぶらぶらしてたときにありました
おはぎやさん
小松屋さん(食べログ)
http://r.tabelog.com/oita/A4402/A440201/44001106/

こんなんで夕ご飯食べれるのかしら~

でも・・・ちゃんと食べましたよん
博多駅で新幹線に乗り換え
あまり時間がなかった(だいたい40分くらい)のでどうかなぁ駅弁かなと思ってましたが、開札を出るとすぐに博多デイトスという建物が直結
1階がおみやげ物やさん、2階がラーメン街道となっていたので、行ってみました
いろいろお店があるのですが・・・何せ勉強不足でどこが良いのやら
ここはいつものとおり、相方の(よくわからない)直感(とやら)にオマカセしました
博多新風さんの新風麺@650
P1010426
待ってるときから漂うとんこつの匂い
こってりかなぁと思いきや、意外とさっぱりずるずる~っとイケちゃいました
こんな色なのに、全然臭みとかないんですよねぇ、不思議です
ふぅ、ご馳走さまでした

博多新風さん(食べログ)
http://r.tabelog.com/fukuoka/A4001/A400101/40020587/

しっかし3日間、我ながらよく食べたもんです
今週は・・・ちゃんと節制してました

« 大分の旅(その6) | トップページ | ワルン・プアン »

40 旅」カテゴリの記事

コメント

大分の食べ日記、いえ旅日記、楽しかったです (^_^)!
それにしても、外観といい中といい、
レトロな雰囲気いっぱいの列車ですネ (^o^)!
座席だけは乗り心地優先かな!

それにしても、美味しいものたくさん食べてきましたネェ!
何kg太った? (^_^;; ←冗談です!

慕辺未行さま

コメントありがとうございます~happy01
外も中も深い緑色で統一された、おしゃれな列車でした
好きな色なのでバシャバシャ撮ってしまいましたcamera
昔なつかし食堂車もついてるみたいでしたよ

体重増減(特に女性の)は、残念ながら国家機密ですsmile

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/454787/38868945

この記事へのトラックバック一覧です: 大分の旅(その7):

« 大分の旅(その6) | トップページ | ワルン・プアン »