« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

マザーハーツ

マザーハーツさんに行ってきました~

茶臼山に芝桜を観に行こうとしたのだけど、あまりの大渋滞にめげちゃいました
8時にお家を出て、10時30分くらいには麓に着いたのに・・・どう考えても2時間くらいかかりそうなほどの車の列;
まぁ来年また早起きしてがんばりませうと、早々にUターンして帰り道に日進市のマザーハーツさんでランチ

こちらはチーズケーキのお店
チーズケーキってこんなにたくさん種類があるんだ~と感動します
ゴルゴンゾーラシリーズがⅤまで来ていました
でもって生パスタも美味しいんです~
久々の訪問で、メニューもかなり変わってました
ランチはそれぞれのパスタ+サラダ・ドリンクで、100円引きでケーキを付けられます
もちろん付けちゃいます

パスタは写真、忘れてしまいました;
私はフレッシュチーズとバジルのスパゲッティ@1,280
フレッシュチーズが爽やかな酸味とコクを加えて、意外と濃厚な味わい
もちもちの生パスタがたまりませぬ

相方はかわはぎとアスパラのスパゲッティーニ@1,280
これまた、かわはぎクンがとても効いたペペロンチーニ風

985
私のカマンベールのミルフィーユ
さすがチーズが濃厚で、ボリュームありあり
中にはさんだクレープ生地とかレーズンが良い感じ
984
相方のクレームブリュレ
塩味が効いてて、キャラメルみたいな味
そして・・・これまた濃い~

久々の訪問でしたが、やっぱしパスタもケーキも美味しかったです~

マザーハーツさん
http://www.mother-hearts.com/index.html

ル・ボル

またまたル・ボルさんに行ってきました~

今回のグルメ会は、元同僚2人も一緒で総勢4人
携帯を忘れて写真が撮れませんでしたが、一眼レフを持参してきたOさんから写真をいただきました
なので、画質はいつもと比較にならないかも;

今回もディナーコース@3500円
前菜+メイン+デザートが選べます

San_pellegrino
お水(Oさん注文)
Amuse
口取り(全員に)
豚のリエットをのせたバケット
Entree2
前菜その1
ん~アスパラの・・・なんだったかな
温泉卵の下に大量のアスパラ(緑・白)(Oさんオーダー)
前菜その2
本日の鮮魚のカルパッチョ(私オーダー:写真ありません;)
岡崎(だったかな)の鯖を生で食べてもGoodなのに、贅沢にもしめ鯖にしちゃったとか
すんごい大量~にいただきました
酸味を白くなってしまうほどきかせずに、ほんとにかるくマリネ(オリーブオイルとか使ってあるので、しめ鯖というよりマリネ)した程度
Poisson
メインその1
本日の鮮魚料理(Bさんオーダー)
ひらめ(すんごい肉厚!)を串刺しにして炭火焼きしたそうです
緑色はブロッコリーのソース
Canard
メインその2
鹿肉(Oさんオーダー)
ただ炭火で焼いただけじゃなくて、なんかさらにカラメルっぽいものを塗って焼きました~とかおっしゃってた気がする
うまうまだそうです
メインその3
黒豚の炭火焼 根菜のロースト添え(私・Yさんオーダー:写真ありません;)
通常200グラムのところを150グラム程度に抑えてくださったそうですが・・・十分です
コラーゲンたっぷり(カロリー高?)の黒豚さんが、粒マスタードを少しきかせたソースとよく合ってました
Glace_a_la_pistache2
デザートその1
苺のマリナージュ ピスタチオアイス添え タルト風(Oさん・Yさんオーダー)
ピスタチオ好きで、家のアイスクリームマシン(何故あるのだ・・・)でピスタチオアイスを作ってしまうOさんが、絶品と言ってました
Tarte_aux_bananes
デザートその2
温かいバナナのタルト 紅茶アイス添え(私オーダー)
これまた美味しい~
温かいバナナのタルトで紅茶アイスがどんどんと溶けるため、かなりなスピードが要求されます
が、紅茶アイスも濃厚で美味しいし、バナナのタルトがこれまたしっかりした味わい
下のタルト(Oさん曰く、フィナンシェだそうです)もしっとり濃厚

いやぁやっぱし美味しいですねぇ
大満足です
来月のお店は・・・う~ん、また迷うなぁ

ル・ボルさんのHP
http://lebol.web.fc2.com/

鬼無里

15~16日で鬼無里に行ってきました~

日本一の水芭蕉!といううたい文句に惹かれて、母と久々の二人旅です
母との旅行ということもあって、いつも以上にのんびり旅になりました

一日目は宿をとった白馬へ
976 977 豊科インターで高速を降り、以前から薦められていた安曇野の蔵久さんで揚げたてかりんとう@300をいただきました
母はかりんとう好きなのでぴったりです
左がわさび
右がノーマルな黒糖
正直、揚げたてがどう違うのかはイマイチわからないけど、どちらも美味しかったです~
わさびは緑色がたくさん付いてるなぁと思いましたが、そのとおりにかなりわさび風味がきいてます
後味がさっぱりしてて食べやすい感じ
黒糖は・・・やっぱし王道です
蔵久さんのHP
http://www.kurakyu.jp/

お昼は安曇野翁さんでお蕎麦をいただきました
たぶんず~っと前に(10年くらい?!)一度、これまた母と一緒に旅すがらに来て以来です
ちょうど2時くらいのひと段落した時間だったので、すぐに席につけました
ざるそばと田舎そば各@840
それぞれに風味が違ってて食べ比べすると面白いです
窓際の席だったので、きれいな景色も堪能~
安曇野翁さん(食べログ)
http://r.tabelog.com/nagano/A2005/A200501/20000816/

宿は白馬ひふみさん
オシャレな感じの建物内に滑らかなぬるぬるの温泉(無色透明のアルカリ性)
地元の食材を使った夕ご飯はとてもヘルシーな感じなのに、すっかり食べすぎてしまいました
漬物がこれまた美味しいんですもの

翌日は、朝ごはんをゆっくりいただいて、9時30分ごろ宿を出発~
この旅で一番心配だった白馬~鬼無里の国道406号も、思ったほど大変な道でもなく、山々がきれいに見える絶景の道でした
途中、北上すると今回のメイン、奥裾花自然園です

980_3

979_2

結構まだ雪が残ってましたが、水芭蕉がほんとにたくさん~しかも満開
白い山々によく映えます
キレイな清流にはお魚(ヤマメ?)が気持ちよさげに泳いでました

お昼にはいろは堂さんでおやきをいただきました
ちゃんとしたおやきをいただくのは初めてです
981_2
982
皮がもちもちでとても美味しかったです
具沢山ですね~
野沢菜、かぼちゃ、野菜ミックス、ねぎみそ、うど
それぞれ味付けも違ってるんですよねぇ
いろは堂さんのHP
http://www.irohado.com/

夜叉神峠

5月3~5日で、清里&南アルプストレに行ってきました~
ゴールデンウィークでも比較的空いてるってことで、場所を選びましたが、天気にも恵まれて絶景を堪能しちゃいましたsun

3日朝、出発~予想どおりほとんど渋滞にも出会わずにス~イスイ
鉄道最高地点の野辺山で食べたソフトクリームが絶品でした
清里に到着し、清泉寮周辺をトレッキングfoot

4日は美し森に車を停めて、天女山へGo
距離は長いですが、高低差はほとんどなく、陽射しが照る中のんびり散策~
この日の宿はらんたんさん
967
たどり着くまでがなかなかの道でしたが、温泉はばっちしっcatface
夕ご飯、地元の山菜やら食材が満載で、とってもヘルシー
どれも素材が生かされてて美味しかったです~
らんたんさんのHP
http://www8.ocn.ne.jp/~rantan/

5日は南アルプスの絶景が楽しめるという夜叉神峠へfoot
結構な登りですが、片道1時間ほどなので我慢我慢wobbly
しっかし・・・冬の間のぐうたらが体にこたえます;
968
なるほど~キレイに雪が積もった白根三山が美し~っhappy02
帰りがけに登り口にあったお店でいただいたお蕎麦が、これまた美味しかったです

途中の道の駅で買ってみたルバーブでジャム作りに挑戦してみました
969 970971_2ルバーブは見た目が蕗みたい
甘酸っぱい味とのギャップがびっくりです
洗って適当な大きさに切って、砂糖(重量の3/4くらい)をまぶし、一日置きます
972_2973_3 974_3翌日、水分が大量に出てます~
これを鍋に入れて弱火でぐつぐつ
形が崩れたらレモン汁をかけて瓶詰め

色があんましきれいじゃないけど、独特の酸味がとっても美味しいので好きですheart04
パンとかにつけると最高~

リムーザン

リムーザンさんに行ってきました~
白壁ロール、気になってたんだよねぇ
960
白壁ロール@880
961
思ったよりもふわふわ~だったので、切るのに難儀しました;
裏面はかなりぐちゃぐちゃです;;

なぜか和菓子っぽい感じの味です
(材料表示をみたら、本葛粉と書かれてましたが、そのせい?)
そしてふっわふわ~
フォークでさすと一緒にぐしゃ~ってなります

相方はかなり気に入ったみたい
私はどっちかというとしっとり系の方が好み
なので(あんましロールケーキ食べてないけど)テツヤロールとか・・・あっやっぱピエールプレシュウズさんのロールケーキかな~

カフェもあってスフレがメニューに!
初挑戦してみたいけど、駐車場がなさげなんだよねぇ
オープンカフェになってて、近所のマダムたちの社交場になってました
うらやましぃ

リムーザンさんのHP
http://www.limousin.jp/

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »