« シュークレール | トップページ | 十津川 »

馬越峠

昨日、熊野古道の馬越峠に行ってきました~
ちょんなことから、職場の女の子が実は山好きとわかって、一緒に初トレ
天気予報はイマイチでしたが、まぁ何とかなるだろうということで、決行
名古屋駅から出発する便利なバスツアーです

7時50分にエスカ地下に集合~
バス3台に分乗で、雨っぽいのに結構な人です
でもバスの座席は余裕があって、一人2席でも十分なくらい

わたしたちのバスは同じ馬越峠メンバーばかり
たぶん熊野古道の初心者チームで、他のバスと比べて明らかに年齢層が低い
10人くらいのグループで来てる大学生くらいの子達がいて、なんだか懐かし~とちょっち感傷に浸ってしまいました;

道の駅海山で下車
少し道路を歩くと入り口発見
800801中に入ると、いきなり一面の石畳~
いかにも熊野古道
周囲はひのきが整然とならんでいて、その間に延々と続く石畳をてくてくと登っていきます

799思ってたよりも傾斜があり、息が荒くなります
おまけに石畳はでこぼこしてて、そんなに歩きやすくもない
雨が降ったらよく滑りそうです
昔の人はここを籠を担いで登ってたんですよねぇ
う~む、すごい体力

途中で水分補給をしつつ、坦々と歩いていくと、いきなり峠の最高地点
初めて視界が開けます
尾鷲の町並みが一望~

まだまだ帰りのバスまで時間があるので、ここでちょっと帰り道から逸れて天狗倉山のほうへ

802

803

これまたかなりの傾斜;
片道30分とありましたが、それで高低差が200mなので、無理もありません
頂上まで行くと、すんごい大きな岩が鎮座してました
鉄製のはしごがかかっていて上に登れます
こわごわへっぴり腰で登ってみると、上は意外と広いスペースがあります
遠くまで山々が広がり、その間を川が流れています
前にこの辺りに来たときも思いましたが、果てしなく幾重にも広がる山々はなんだか荘厳な景色です

804805まぁ登った以上、降りざるを得ません;
あんまし登ろうとする人がいなかったおかげで、プレッシャーがかからずゆっくり降りれたのが幸い
後ろ向きで(ここだけがかなり怖い)慎重に・・・

ちょうど地元の方(何千回も登っているそうです)がいろいろと教えてくださいましたが、どうやらこの石の下をくぐってみることもできるとのことです
真っ暗&せまいのでそちらはパスしてしまいました

808810反対側はこれまた絶景
熊野の海が一望できます
ちょっと出っ張ったところに行くと、沖までよく見えました
う~んリアス式

下り道で少し降られてしまいましたが、天気もなんとか持って良かったです   

« シュークレール | トップページ | 十津川 »

30 トレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/454787/32325191

この記事へのトラックバック一覧です: 馬越峠:

« シュークレール | トップページ | 十津川 »