« GIOTTO | トップページ | ひこね »

立山

しばらくご無沙汰でしたが先週金~月で相方と立山に行ってきました~

10月19日(金)

立山山麓へ出発~

朝から怪しかったお天気

お昼にはすっかり崩れて宿に到着する頃は土砂降り;相変わらずだなぁ

今日の宿はホワイトベルというペンション

ペンションの割には部屋数もありお風呂も男女別でしっかりあるとこでした

でも今日は私たちだけってことで貸切状態

お風呂は温泉でなかなかの泉質でした(ただし露天だけ・・内風呂は普通な感じ)

つるつる~やっぱし温泉は良いなぁ^^

ご飯もいろいろと地のものを工夫して料理していただき大変美味しくいただきました

10月20日(土)

今日もやっぱし朝から雨・・と思っていたらなぜかだんだんと弱まり

9時ごろには止んだ!!

こんなことがかつてあったでしょうか!!

喜び勇んでケーブルカー乗り場へ

ケーブルカーはもう混み始めていましたが何とかすぐに乗れました

美女平到着~ほかの人々が高原バス乗り場へ直行するのを尻目に

われわれは弥陀ケ原まで歩くコースを行くことに

・・だいたい5~6時間ってとこでした

途中雨上がり直後なので木道でかなりすべりまくりましたが何とか到着

久々の長時間トレはなかなかに脚に来ました

でもとおっても良い景色で(なんといっても雨が降っていない!)

歩いて良かったなぁ・・途中誰にも出会わず、ようやく弥陀ケ原到着直前に一人遭遇

あんましみなさん歩かないコースなのかもしれません

弥陀ケ原ホテルで遅い昼食を軽くとって室堂までは高原バス

弥陀ケ原到着前もガスり始めてたのだけど乗り場へ行くころには真っ白~おまけに霰

室堂に到着すると一面真っ白・・ガスだけじゃなくて雪景色です

霰がバチバチいっている中、痛さ寒さと戦いながら

見えない道をツルツル滑りながら宿を目指す

・・今までの中でもトップレベルの過酷さでした;;

こんな悪天候の中、雪かきをしてくださっていた宿の方々にほんと感謝

今日の宿はみくりが池温泉です

温泉目当てに選んだのだけどさすがです

掛け流しで素敵な泉質・・硫黄のにおいが染み着くまで入りました(基本の3回)

10月21日(日)

昨夜の天気がうその様

がんばって早起きしてご来光したかいがありました

お日様は偉大です

まだもやっていた周囲が日の光でさ~っと晴れて

立山連峰やらみくりが池やらもう360度パノラマ

こんな景色が見れるなんて感激

すっかり積もった雪を踏みしめながら室堂散策

宿の喫茶店みくりでチーズケーキ

なんだか人口密度が・・あがりまくりつつあります

お昼ごろ室堂を後にした頃にはすんごい人~うわ~

そんな大渋滞から逃げ出して天狗平までトレ

そこから高原バスに揺られて(ほんとはトレと思いましたが滑る足元に断念)

弥陀ケ原ホテルへ

荷物を置いて周りの室堂山やら展望台を散策

ここもすっかり雪が積もっていました

今夜は弥陀ケ原ホテルに宿泊です

私たちのいつもの宿よりもちょっち高めだったのだけど

それだけのことはアリアリ

部屋からの景色もお風呂からの景色も最高だし

夕ご飯はフルコース(ごめんなさいジャージで食べにいってしまいました)

周りにはあんまし光もないので星もよく見えました

10月22日(月)

またまた日の出を見てから朝ごはん

弥陀ケ原周辺を散策してから弥陀ケ原ホテルでお茶

心置きなく下山です

やっぱし旅行は天気が重要ですね~

こんなに恵まれた旅は(私たちにとっては)ほんと珍しい限りでした

紅葉と雪景色といっぺんに楽しめた贅沢な旅でした

人も(コースによるかなぁ)そんなにいなくて大自然を満喫できたし^^

« GIOTTO | トップページ | ひこね »

40 旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/454787/8671632

この記事へのトラックバック一覧です: 立山:

« GIOTTO | トップページ | ひこね »